2011年06月19日

うさぎの跳ねる先がわかればスゴイ人

もうそろそろ決まっていてもいいはずなのに
まだオフィシャルサイトでは発表されておらず
詳細がどうしても知りたくてやきもきどんっ(衝撃)

そんなとある懸念事項のために
ドイツはL市の友人宅までピッポッパ電話


「ねえねえ、あの音楽祭、今年はどんな内容になりそうなの?」

というワタクシの問いに対し、
彼は弟(更に事情通らしい)の名前を出して
こう言った。


110619_redewendung_er.gif


は・・・???

ワタクシ、電話口で固まった。


なんでここでいきなりうさぎ〜〜〜



ウサギ Hase (はーぜ)? ウサギ

ワタクシからの

オイオイ、アタマオカシクナッタカダイジョブカ シグナル


をキャッチしてくれた彼、
やっとワタクシの低ドイツ語レベルを
思い出してくれたらしく


これはいわゆる慣用句で、

『ウサギがどう跳んでいくか=物事の成り行き』

であると説明してくれた。


彼曰く、

「ぴょんぴょんといろんな方向に
すばしっこく逃げていくウサギは
狩人にとって銃で仕留めるのが
ホントに難しい獲物だったんだね」



うおぉぉ〜〜〜むかっ(怒り)

さすが狩猟民族あせあせ(飛び散る汗)


言葉や言い回しってその土地の暮らしから
生まれるものなんですなあ。


ウサギの逃げてゆく先を読めるってことは

「コトの成り行きが見える/当該事情に詳しい」

つまり、猟師としてはステータスなんですね。

しかしまあ、そんな狩猟用語が
未だ生きているなんて。

そして全然関係ない場面でも使われているなんて。


110619_redewendung.jpg




ちなみにこういう言い回しもあるそうです。


110619_redewendung_mal.gif


ふむ。なるほど。

ちょっと形勢を見てみましょーや、ってときに
使うんですな。


それにしても・・・

やっぱりヨーロッパでは
ウサギは食べ物たらーっ(汗)
この食習慣は今尚健在。


(まー、でも、こんなワタクシも
(先週金曜ロードショーの「ブタがいた教室」を観てから特に)
メルさんだったら食べられないけど
食用として飼育されたウサギ肉だったらまた食べちゃうかも...

と思うとこあります)


話を戻しましてウサギ

英語圏でも同じ言い回しがあるのかな?と思い
調べてみたところ

上の『形勢を見てみよう』に当たるものとして


see which way the cat jumps


がありました猫(怒)


え?ネコ

アングロサクソンの世界ではドイツほど
ウサギ肉が食べられていなかったから
ドイツ語の慣用句が英語圏に入った際
ウサギ同様すばしっこく先の見えないネコ
転じたのか?


それとも
意味は同じであっても
ドイツ語と英語とでは
成り立ちのプロセスそのものが違って
たまたま同じような表現方法になったのか?



それとも
英語圏ではネコ食が密かにブーム ←おバカ



そうそう、ちなみのちなみに
上の慣用句の『Hase』は『Kaninchen』に
置換不可だそうです。

HaseとKaninchen...「うさぎ」一語しか持たない我々日本人には
ほんとによくわからん区別です)



ドイツ語トピックのついでに。(ついでかよっ)


遠いオーストリーの地でうさぎグッズを見るたび
ワタクシを思い出してくれてありがと、Sちゃんハートたち(複数ハート)




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 09:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

今、メルニコフ∞ラボでは

今更っっっ  なフリだけど、

メルニコフ主任はラボで何を研究しているのでしょう。


さまざまな研究課題に追われる中、
メルさんが今真剣に取り組んでいるのが

四葉草食系男子四葉キスマーク口元メイクキスマーク


生物学的にも性格的にも完全草食系なメルさん、
(新品無傷のボールちゃん、いずれくるかも知れぬ
カクカク用にとっておく必要はもうないかもしれない...)


やはり注目カラーはグリーンウサギ


バブル絶頂期に流行った
宮沢りえちゃんの

オランジェ・デ・キドル』。



口元をオレンジ系に染めた

「ちょっと背伸びして
音楽コンサバティブディスコで
バブリーな夜を過ごしたい夜

女子高生〜女子大生が
街に溢れていましたね。


次項有まわるまわるよ時代はまわる次項有

今のキーワードは「ECO」 「緑化」

そしてメルさんラボ発信のコピーは


グリーン・デ・アブブ


110618_schminken_1.jpg



110618_schminken_2.jpg


商品開発もさることながら、
メイクアップ術までご熱心。


メイクを落とすときは


110618_schminken_3.jpg


んでもって


110618_schminken_4.jpg


一連のマニュアルができそうですなぁ。



・・・なーんつって

タネ明かしひらめき


110618_schminken_5.jpg


きゅうりをほんのひとつまみ
差し上げただけですのよん。


(※キュウリもトマト同様『うさぎ推奨野菜』範疇ではないのでご注意あれ)




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 09:33| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ひとつぶの望み

アッペンじゃない方のプレゼント大麦が
まだ残っているのは

こんな小さな食器で
ちびちび提供しているからでしょう

無を信じたくないそのきもち

もしかしたらあとひとつぶ、っていうそのきもち

募りすぎて焦りすぎて・・・






にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす´(研究員Y) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

圧ぺん大麦ダイソン食い

メルさん太ろうぜプロジェクト の偉大なるアドバイザーのひとり

「かみうさぎ」の Misuzuさん が

『太る目的だったら大麦も有効』

と、去る レストランエビチリ大会レストラン の際に
持ってきてくれたのがこれ。

110616_barley_1.jpg


「うさぎのしっぽ」さんの大麦であります。


メルさんにあげるとそりゃもうガツガツ嬉しそうに
召し上がり、たいそうな気に入りようだったので
でっかいのを弊ラボでも発注することに。


ラボ御用達のお店「MT&t store」(←何故か美浦さんは楽天だと店名がこうなの)
にチモシー5kgと一緒にお願いしようとしたところ、

Misuzuさんがくれたような形状ではないあせあせ(飛び散る汗)

「カナダ産圧ぺん」という商品しかラインナップにないのです。


同じ麦の仲間でも「えん麦」ならば
フツーの(?)形のものがあるのに。


うーむ、どうしたものか。

大のオトナふたり、200円の投資に
腕組みして考え込みます。

えん麦も同価格だけど
(「太らせる」とは言うものの)
タンパク質や脂質がめちゃくちゃ高い。


だからメルさんに量的満足感(満腹感)を感じてもらうには
大麦がベスト。


ところで「圧ぺん」とはなんぞや?


『穀類を蒸気処理後、圧力をかけて押しつぶす加熱処理方法』

だそうです。(出典元はココ


なーるほど。英語だとフレークか。
道理でコーンフレークに見た目そっくりだと思いましたよ。


押しつぶされていることによって消化率もUPするんだそうです。


これは願ったり叶ったりわーい(嬉しい顔)

オーダーボタン、ぽちっexclamation


で、届きましたよん。

110616_barley_2.jpg


うわぁ、ほんとにシリアルみたい。
なんの説明もなくただそこに置いてあったら
牛乳かけて食べちゃいそうだ(そりゃアンタだけだ)


メルさん、Misuzuさんがくれたものとは違うけど
気に入るかな?

試しに一握りメルさんの顔の前に差し出してみたら
珍しく懐疑的表情を見せて
(「これって人間の食べ物じゃないの?」的な...)
くんかくんか&ちょいペロチェックをしていたけれど

突然何かに取り憑かれたかのように

某大手メーカー掃除機みたいになりました。


110616_barley_3.jpg


おぉ〜いあせあせ(飛び散る汗)いくら消化がいいからって
そんなに急がないでくれ〜あせあせ(飛び散る汗)
ちゃんと噛んでくれ〜あせあせ(飛び散る汗)



110616_barley_4.jpg


並々ならぬ吸引力であります


これで決定。リピ決定Good
メルさんのおやつ殿堂入り決定手(チョキ)


110616_barley_5.jpg


以来、弊ラボではこれを「大麦」とは呼ばず



「アッペン食べる?メルさん、アッペンどう?」


『アッペンタイムといくか』


「アッペンタイマーとかってドイツ人っぽくない?」


『それをいうならオッペンハイマー』


「それはベッケンバウアー」



・・・と、メルさんドン引きなアホアホ会話路線(昭和ダジャレ付)
がエンドレスで繰り広げられております。




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

トマト初体験 初黒星★

サラダバーに行けば必ずボウルが真っ赤になる
ハートたち(複数ハート)トマトLOVEハートたち(複数ハート)のワタクシ。


殆どカロリーがないから
メルさん太ろうぜプロジェクト とは乖離するけど、

ちょうど熟してるのが¥見切り品パック¥
手に入ったから
メルさん、ご一緒しませんこと?


110615_tomaten_1.jpg


新しいものが続々出現するから
メルさんのテンションもアゲアゲグッド(上向き矢印)


ささ、どーぞわーい(嬉しい顔)



110615_tomaten_2.jpg



あれ?

れれれれ?


110615_tomaten_3.jpg


110615_tomaten_4.jpg


うそでしょーーーどんっ(衝撃)


メルさん、人生(否、兎生)初の『NGフード』ですよっダッシュ(走り出すさま)


110615_tomaten_5.jpg



110615_tomaten_6.jpg


トマト嫌いのヒトってこう言いますなあ。

なんでも食べるけどトマトだけは勘弁!って子が
小学校時代のクラスメートにもいたなあ。

その子は修学旅行のとき
宿泊先の料理長に「オレの作った料理残すんかてめぇ」って
無理矢理 口こじ開けられて無理矢理トマトつっこまれてたなあ。

その後ひどいトラウマになっちゃったけど
それがなんの問題にもならなかったんだから
昭和ってモンスター不在のすごい時代だったんだなあ。


おっと。話が激しく懐旧脱線。


メルさん、この後もなんとか食べようと
頑張っていたんですけど(なんていじらしいんだ)
15分後に諦めました。
(そんなに苛めてたんかい)



いやー、実は密かに「メルさんがNGなものは一体ないのかね」
と「NGフード探し」をしていたワタクシ(いやなヒトだねホント)
メルさんにも苦手なものがあったと知り
なんだかメルさんに
人間的な近しい感覚を覚えてしまいましたわんムード


※注意※

トマトは レタス・キュウリ・キャベツと並んで
「鼓腸症」の原因となる、という理由から
うさぎに与えてはいけない』としている飼育書もあります。
(一方でこれらについて『与えてOK』とする飼育書も多々存在。)

このように見地が真っ向から異なる食べ物なので
獣医さんや飼育書が100%「与えてOK」
と推奨する圏内ではないことを重々ご承知おきくださいませ。




※余談※

トマトは野菜か果物か、というメルさんの問いは
結構深いのです、これが。
アメリカでは野菜と果物にかかる関税率が違うので
シビアな裁判に至った例も。
そこでの判例は
「トマトは野菜(根拠:デザートとして食さない)」
だったそうですが、植物学的には
『トマトは果物(根拠:種子を含んでいる植物)』だそうです。

こちら(勝手にリンク失礼)を拝読してちょっと雑学王気分〜。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

キウイ初体験☆

メルさん太ろうぜプロジェクトの一環として

四葉初体験シリーズ四葉

今回はキウイ。


110614_kiwi_1.jpg


さて、反応はいかほど?


110614_kiwi_2.jpg



・・・どしたあせあせ(飛び散る汗)




110614_kiwi_3.jpg



そうですか、そうだろうさGood

だって甘みと酸味の強いフルーツ大好きっぽいもんね。



110614_kiwi_4.jpg


イチゴのときよりも咀嚼速度UPしてませんか?
(というか、咀嚼すらももどかしい様子...ゆっくり食べれ〜)



110614_kiwi_5.jpg


ホントに瞬時の出来事でありました。


メルさん、多分食道が細いのに
がっつき度合いは激しいから
時々むせるのが怖いたらーっ(汗)


どんどん頬張って
どんどん飲み込もうとするから
こちらも「少しずつ/小さくカットして」を心がけないと。


ビンボー星人のもとにいると
そのクセまで伝染ってしまうのだろーかね。

メルさん、キウイがなくなった皿を
名残惜しそうにペロペロ。


110614_kiwi_6.jpg


・・・とまあ、こんな具合に
結構な高カロリー群に属するものを食べているのに
メルさん、まったく太らないバッド(下向き矢印)


でも1300g台を保っているからまだいいか。

せめてあと100g太れたらいいね。
逆ダイエット、引き続き頑張ろう〜手(グー)




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 11:01| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

うたた寝ハウスで毛づくろい

えー。(コホン)

昨日の反省はきっちり一晩いたしまして。

凹んでばかりいても前向けないので
仕切り直しで。

(ちなみに抜けた爪のところには
真っ白な爪の赤ちゃんのようなものが確認できました。)



タイトルの『うたた寝ハウス』については
その導入当初の記録をつい先日書いたばかりですが


あれから2週間の間にちょっとした変化があったので
またまた記録をば。


珍しいアイテムを前に
何度もくぐって遊んだり
上にのっかったり、と
「うたた寝」とは程遠い興奮ぶりを
示していたメルさんでしたが

徐々に「うたた寝ハウス」の中で
リラックスするようになってきましたグッド(上向き矢印)

とはいっても

脱力してウトウト...眠い(睡眠)とかではなく

まったりゆったり毛づくろいの場のひとつ

とメルさん規程に正式に加えられたらしく、

中で ガサゴソペロペロカイカイ やってる時間が
長くなりました。

毛づくろいってのは緊張しているときのほか、
とっても安心できているときの行為ということで

中の様子を見るのは憚られます。


が、ついつい遠くからカメラでズームしたくなっちゃうのが
人間の心理というものキスマーク


110613_utatane_1.jpg

メルさん、まだこちらに気づいてません。

「なーんだか居心地いい〜」

という声が聞こえてきそうな
至福のひとときをお過ごしの模様。


110613_utatane_2.jpg


あっ、ちょっと顔を覗かせましたよ。

ずっと見てるの、バレちゃったかな?



暫くこちらの様子を窺った後、


110613_utatane_3.jpg


はいはい...
って、それって捉えようによってはメルさんの方じゃ...


一度はこの後外に出てきたものの、
また中に入ってモソモソやってたメルさん。


110613_utatane_4.jpg



中は涼しいかい?
落ち着けるかい?

いつかは『うたた寝』できるようになるといいね
・・・って、ここまで書きながら、メルさんのサイズ的に
横になって「うたた寝」
物理的不可能だと
やっと気づいたワタクシでしたたらーっ(汗)


しかし三日坊主に終わることもなく
メルさんが気に入ってくれるアイテムで何より。


それにラストのSHOTは
(サークルの柵が写ってないし!)
やっと やんママさん のところに
応募できそうるんるん


※勝手にPRだぜ いぇ〜い※

メルさんも所属している『頭上り隊』(AKBのユニットじゃないよ)を統率する
ぷりん隊長のママであるやんママさんのサイトにて、
『ウサギのシッポ大全集』という写真投稿企画が
期間限定で開催されています。

おしりフェチ、しっぽフェチ垂涎のこの企画。(←エロビデオの安いコピーかよ)

観るだけじゃなくて自身の愛兎も仲間入りさせて
魅惑の1ページに収まっちゃいましょう〜♪




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 14:04| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

目の前での惨劇−再び起きた爪抜け事件−

ああもうなんでバッド(下向き矢印)

なんでって そりゃ
保護者の怠慢だろーがバッド(下向き矢印)


眼前で起きてしまったまさかの爪抜け事件。


慌てて クイックストップ で止血するも
心臓ばくばく 悔恨しきり。


コトの顛末はこう。



「メルさん ごはんだよー」



いつものワタクシのこの声に
ケージの中で胸躍らせ
そして全身も躍らせるメルさん。


嬉しくて気が逸り
メッシュステージにとびのったりとびおりたり。


そんな様子を目を細めて見ながら
ペレットをお皿に用意するワタクシ。


なんて幸せな朝の光景なんでしょう・・・ぴかぴか(新しい)


休日の朝のまったり感に包まれていた
ワタクシの眼前で それは起きました。


メッシュステージから飛び降りたときに
ケージ床(プラすのこ)の穴にスポッと挟まった。



爪がexclamation×2



あっがく〜(落胆した顔) と思ったときにはもう遅い。


メルさんの手(=前脚)から流血。
プラすのこがみるみる赤く染まる。


何が起きたか把握する前に
咄嗟にクイックストップをつまんで
えい!えい!とふりかける
取り乱した自分。


そしてなんとか


110612_nagel_1.jpg


出血は止まってくれたものの・・・


痛々しいことには変わらないたらーっ(汗)


メルさんはまったく気にせず
チモシーを頬張るけれど


110612_nagel_2.jpg


痛々しいことには変わらないたらーっ(汗)


しかもこれで爪抜けは二度目。(前回の恥


まったく学習してないじゃん。

まったく反省が生かされてないじゃん。


「爪抜けがあった後ろ脚の爪部分が
再生してきたら前脚も爪切ろう」

とか悠長なこと考えてた我々が浅はかでした。


「床をワイヤーメッシュからプラスチックに戻したから
そうそう滅多に事故は起こらないだろう」

とか安易なこと考えてた我々が軽率でした。



メルさんの爪はオセロみたいに
黒・白・黒・白...と2色交互に配されているのだけど
今回犠牲になったのは極めて爪切りがやりやすい
白い方の爪でした。


110612_nagel_4.jpg


うっすら血管部分の跡が残っています。
これを見ると、3mmは余裕で爪切りできていたはずだと
いうことが判ります。


そんなわけで今日は急遽爪切り曜日。


110612_nagel_3.jpg


ごめんよごめんよ。

仏の顔も三度、じゃなくて

メルさんの出血は三度まで、と肝に銘じていきますから。


あーもう

外は曇天曇り
ココロもどよ〜ん曇り


メルさんを守れるのは

メルさんのカラダやココロの声を聞けるのは

自分たちしかいないということを再認識。




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 16:14| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

メルさんを扶養に入れたい

ぎゃーーーーっどんっ(衝撃)


わかってはいたものの、来ちゃいましたよバッド(下向き矢印)


来ちゃいましたかバッド(下向き矢印)


110611_tax_1.jpg

「ニホンゴワカリマセーン」は遂に通用しなくなりましたGood



雀の涙ほどの年収なのに、
取られるものはしっかり取られるパンチ


※余談その1※
ビンボー星人のワタクシ、ちょっとでもお得にするために
特別徴収(給与天引き)じゃなくて普通徴収(自分で払う)
を選択してます。


※余談その2※
東京都在住のみなさん!
昨年の改悪でファミマTカードでの都税支払いはNGになりましたが
住民税はギリOKですぞexclamation
Tポイントがんがん貯めて楽天ポイントに交換して
愛兎ちゃんのフードやグッズ費用に充てましょう。
(え?ワタクシ?・・・マイルに交換かな ← 交換率が良いのだ、うふふ)



税金って扶養人数によって
かーなーりー
変わってくるんですよねむかっ(怒り)


メルさん、ワタクシの扶養に入ってくれないかなあ。

110611_tax_2.jpg


それが許されればホント助かるマヂ助かる・・・


110611_tax_3.jpg


そーなんですよぉ!

何か良い策はないものですかねえ。


例えば海外にいる親族を扶養に入れるのなんて
ビックリするくらいめちゃくちゃ簡単なんで、
ワタクシの周りの賢い方々はじゃんじゃん扶養に入れちゃって
税金をほぼゼロにするという賢い生活をしてます。


ワタクシだって両親を(税法上名目上)扶養に入れることができれば
この住民税だって10万円以上違ってくるはず¥


しかーし、ワタクシの両親は
海外に住んでいません。(当たり前だ)

海外どころか海際に住んでます。


津波被害のハンパさゆえに
当初はメディアに
なかなか取り上げてもらえなかった
My HomeTown.


先般、やっと

「希望者全員が仮設住宅に入居できた」

との嬉しい報告がありましたぴかぴか(新しい)


・・・と、このような故郷の動きに想いを馳せていると

住民税納付書が手元に来るというのは
幸せなことなのではないか


とも思えてくるから不思議です。(単純...)



爆弾それにしても爆弾
法の抜け道の整備や
チェック機能の増強を図らないと

バカ正直な日本人だけがバカを見る

という構図は
ずっとこのままですぞ、お上殿。




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

乾燥バンザイ産毛バンザイ

メルさん、リラックスオーラを出してお寛ぎ中。

110610_fuss_1.jpg


おっと 目 足の内側がちょうど見えますぞ。


110610_fuss_2.jpg


ひゃっほ〜いグッド(上向き矢印)

乾いていますーわーい(嬉しい顔)

ほよほよ産毛の存在も確認ぴかぴか(新しい)


多飲多尿時代はこの「後ろ脚内側部分」が
いつも小雨ぐしょぐしょ小雨
そして完全脱毛して皮膚が露出しきっていたのですふらふら


今でもまだ皮膚の色が濃いことは否めませんが
これは大きな大きな進歩でするんるん



お水摂取制限生活も2週間を数えたメルさん、
このほかにも色々変化が見えてきています。


サークル内フリータイムのときには
ボトルを外していましたが、
ここ数日は故意にボトルを設置しています。


サークルとケージの間をダッシュして往来する遊びの中で
当然ケージに入ったときにボトルの存在を目に留めるのですが

メルさん、なんと


『ボトルに口を近づけても(ハッと我に返り)飲まない』


『ボトルに一瞥を加えてもクールにスルー』



という行為を見せるようになってきました。


何かにつけてゴクゴクやっていた習性に
メルさんの理性ブレーキがかかっている



そんな光景が見られるようになってきたのです。

(ちなみに現在のお水摂取量は MIN 430/day 〜 MAX 460ml/day)


このまま足のハゲと共に
習性も直って(治って)いきますようにぴかぴか(新しい)



・・・と、〆ようとしましたら


110610_fuss_3.jpg


はいはい、確かに。

ハゲのズームアップで終わるエントリは寂しすぎますよのぉダッシュ(走り出すさま)




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 14:38| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする