2011年04月01日

メルさんのおしっこ事情〜その2〜

メルさんのお尻について
色々ご心配をお掛けし、
また、ご親切なアドバイス等も頂戴し、
大変恐縮しております。

メッセージ下さった皆様、本当にありがとうございます。

個別にお返事差し上げられず申し訳ありません。

相次ぐ日本脱出と実家(千葉・旭市)の方の被災とで心身てんてこまい...凹


さてさて本題です!

月曜(28日)の朝、時系列で
メルさんに係るさまざまな事象を列挙してみましたところ
メルさんのお尻があんなことになり始めた時期
ケージレイアウトを変えた時期がリンクしているらしいことに気づきました。

レイアウトを変えた2週間後にお尻の変化が現れた、ということは
そこに因果関係があるかも?と思い
早速レイアウトを以前のものに戻してみました。

すると・・・

110330_1.jpg


メルさんメルさん、しっぽのあたりを見せてくださいな。


110330_2.jpg


おぉーーーーっexclamation×2


写真では伝わりにくいかもしれませんが
しっぽがフツーに乾いているのが判るでしょうか?


下の写真は当ブログにUPした2月20日撮影のものです。


110220_wieder.jpg


食欲が増したメルさんに、
12時間ものお留守番の間空腹に悩む時間を与えぬよう・・・と、
ケージ手前(右角)にチモシー入れを増設し、

そして

どうせならケージ中央の広いスペースで
思いっきりチモシーをバラけて食べてくれぃ!と
牧草フィーダーをケージ中央に移動したのでした。


ここからは 仮説 ですが、それが仇となってしまったようです。


メルさんはメルさんなりに

『濡れたしっぽ&お尻を乾燥させるかわいい休憩処かわいい
をちゃんとケージ内に設けていたらしい・・・ことが判ってきました。

たとえ「うれション/ながらション」をしようとも、
その休憩処でリラックスポーズをしていれば
自然とお尻が乾いていたのです。


その大切なスペースをわたしが奪ってしまったexclamationがく〜(落胆した顔)exclamation

ケージ中央エリアとケージ右角エリア。

この大切な2つの場所を失くしたばかりに、
メルさんはいつまでもおしっこで濡れた
プラスチック床の上に居なくてはならなかった・・・

というのが 仮説 です。


28日からのケージ内はこんな状態です。


110330_3.jpg


上記 仮説 の証左として、まずは「濡れていないしっぽ&お尻」が挙げられ、
続いて
「(向かって)右側のケージ下トレイのペットシーツが
28日から全く濡れていない」
ことが挙げられます。

やはりメルさんは狭いケージの中で
自身のドライエリアを定めていたのでしょう。


よかれと思ってやったことが
結果、メルさんのお尻を濡らし、お猿さんみたいに
真っ赤にさせてしまうなんて・・・バッド(下向き矢印)

後先考えずにエゴだけで動き
慢心していた自分をただただ反省です。



110330_4.jpg


はい。

メルさん、これに懲りず
これからもいろんなことを教えてね。

そしてもし間違ってしまったとしても
呆れたり見放したりしないでね。

必ず問題分析して気づきに至るから。

・・・と強気に出たものの、この仮説すらも
誤っていたらどうしよう...(汗)



皆様もどうぞよろしくお見守りください。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:34| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする