2011年04月30日

メルさんお風呂に入る の巻

多飲多尿の副産物であるメルさんの憐れなお尻周りは
以前皆様のお目に入れさせていただいた写真の通りですバッド(下向き矢印)

その対症療法として主治医から指示のあった
いい気分(温泉)お風呂いい気分(温泉)をいよいよ決行するときがやってまいりました。

ご存じの通り
ウサギはハムちゃん同様「入浴不必要」な生態の動物です。

中には体がお湯に触れたことでパニックを起こし
結果として骨折事故につながってしまった報告例もあります。

それだけ「ウサギ」と「お風呂」は対極に位置しています。

が。

今回のメルさんのように
尻尾やその周りが常にグショグショ、
その上、尿やけを起こして著しい脱毛があり
濡れタオルではとても(臭いも含め)対応できない場合は
獣医師の指示に基づき足湯程度のお湯を張って
汚れを落とすことも選択肢のひとつとなり得ます。


・・・ってことで。

いい気分(温泉)

踝が隠れる程度のお湯を張った洗面器に
らす´ がメルさんをそーっと・・・ちゃぽん。

110429_bad_1.jpg

メルさん、最初は何が起きたのか判らないような「?」顔を
呈していましたが、らすズ が後ろ脚の内側や
お腹や尻尾のあたりをごしごしやり始めると

「あー、そういうことですかひらめき

とでも言うように目的を理解した目をこちらに向けました。



110429_bad_2.jpg



メルさんがあまり嫌がらないのをいいことに
シャワーも使ってお尻をゆるゆると洗い流しましたが
3分も経とうという頃、さすがに

「長湯はきついですよー」

と湯あたりを心配し(?)、メルさん自ら
よっこらしょとゆっくり洗面器風呂から上がりました。

(お湯は茶色に濁り、尿やけ部分の茶色くなった
抜け毛もかなりありました。)


用意してあったタオルにメルさんをくるみ、
わしゃわしゃと何度か水分を取った後
イチかバチかのドライヤー美容院

ちょっと遠くから、そして「弱」モードにしてはいるものの

ゴォォォ〜〜〜〜

と音を立てた怪しげな物体から
自分のお尻に温風が当てられるのです。

おとなしくておっとりなメルさんでも
こりゃハードル高いでしょうなぁ・・・と思っていたら


メルさん、恍惚の表情ぴかぴか(新しい)


らすズ、二人がかりでメルさんを乾かしながら
身体中をナデナデマッサージです。


まるで極上エステ。

メルさんがあまりにも気持ち良さそうにしているので
写真を撮り忘れたほどです。


んでもって、風呂あがりといえばやはりコレは外せまい。

ビール風呂あがりの一杯ビール

じゃなかった、「風呂あがりの一本」注射


抗生剤と肝機能サプリの特選ブレンドが
メルさんはそりゃもう(シリンジの先をかじるほどに)大好き揺れるハート

110429_medizin_1.jpg

2.5ミリリットルを計3回飲み干します


110429_medizin_2.jpg

あっという間になくなってゆくのです


110429_medizin_3.jpg


全て飲み終えてもまだ「欲しい!」アピールが凄いので
お薬をブレンドする際に使った器までもなめさせていますあせあせ(飛び散る汗)


看護師さんに


『嫌がって飲まないようなら、

リンゴジュースを混ぜてくださいね』


と言われましたが、メルさんにかかっては
そんな心配はとんとご無用で

お水で溶いたお薬を「んまい んまい」とぐびぐびごくごく。

試しにワタクシ、お薬のにおいを嗅いでみましたが

いかにも幼少期に飲まされたクスリだ懐かしいふらふら


という不快感たっぷりな記憶の残滓を掬ってくるような
いや〜なもので、瞬間、メルさんを尊敬しました。


さて。

メルさんの飲水量は通院時より少し減ったものの

700ミリリットル〜800ミリリットル/日

をいったりきたり。

110429_trinkwasser_1.jpg

特にごはん(ペレット&チモシー)の後は
ひたすら飲み続けています。

110429_trinkwasser_2.jpg

今後もデータを取りながら、再検査日に備えます。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ




ニックネーム らぼすたっふ at 08:01| Comment(2) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

ブログ村が届けてくれた声,結んでくれた縁

前回のエントリ『超多飲多尿につき緊急通院』が
皆様のご関心を引き、皆様のおかげで上位記事として表示されたことで
このたび思いもよらぬご縁に恵まれました。

まさかまさかの「メルさんと似通った症状の子」である
ニコちゃん(ロップちゃん)のママさん(ルビーさん)から お声が届いたのです。



バッド(下向き矢印)多飲多尿(しかもベビー期の飲水量からの推移も似ている)バッド(下向き矢印)

バッド(下向き矢印)肝臓に係る血液検査項目の異常値バッド(下向き矢印)

バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)食欲旺盛すぎバッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)


「多飲多尿」「肝臓疾患」とに関連性があるとは思えなかったわたしは
そりゃもうビックリです。


メルさんが血液検査異常値を示した
GPT=ALT】(アラニンアミノトランスフェラーゼ)」に対し、

ニコちゃんの血液検査異常値を示した項目は
ALP(アルカリフォスタラーゼ)」

項目こそ違っていますが、これら2つは
GOT=AST】(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」とともに
肝臓機能に深く関わる酵素です。


※追記(2011/04/28)※

ALP が特に高い異常値を示したニコちゃんでしたが、
ALP に加えてメルさんと同じ異常値項目 GPT(=ALT)
基準値を上回っていた時期がありました。




ルビーさんのただならぬ観察眼と精緻な記録のニコちゃんレポ
読んでいただくとおわかりになるかと思いますが、

(1)GGTの値が高かったこと
(2)処方されたお薬の効果が認められたこと

この2つの理由から、最終的にはニコちゃんは

『胆道疾患(胆汁の流れが滞る症状(胆汁うっ滞))』

として診断され、今も治療を続けています。



ニコちゃんの存在を知り得たことで、まずは

「メルさんだけじゃなかったんだ!」

という(失礼な)親近感&安心感を覚え、そして
ニコちゃんが受けた数々の検査についてその過程や背景を
お聞きするにつれ、わたしの中で方向性が定まってゆく感触を
自ら得ていました。


メルさんの主治医が

『うさぎの正常値(基準値)自体もまだきちんと確立していない。
それでも、検査すれば何らかの難しい病気を裏付ける異常が見えてくるかも。
だけど入院必須なんですよね...。』


とおっしゃっていたホルモン系の精密検査をニコちゃんは受けています。

ここには

「できる治療は全て受けさせたい。考えられる可能性は全てトライしたい」

という、ルビーさんのブレない信条が大きく反映されています。


・・・ならばわたしはどうするか?
メルさんはどうするか?

5月7日の再検査結果によりけりですが、今の決意としては

「GPT(=ALT)値が減っていれば、それ以上の検査は受けさせない。
そして、たとえGPT値が減っていなくとも、ネコ用の薬の処方はお願いしない。」
(今メルさんが服んでいるのは、うさぎ用の肝機能サプリです。
サプリでない『肝臓用のお薬』は、
現段階ではうさぎ用のものは開発されておらず
ネコ用のものが代用されています。)


これが今の(今後どう変わるかわかりませんが...)わたしの方針です。


この方針の裏にあるのは、

「前回の長い検査と診察の後、3時間に渡って極小の軟便を以って
相当のストレスを訴えてきたメルさん」(こんなことは初めて)


「過去の原因不明症状(唾液過多)を二度乗り越えてきている
メルさん(しかも二度目は通院&投薬一切ナシ)」


(上にも繋がりますが)メルさんの特徴(常に胃部がモッタリしている)を
伝えない限りは、殆どの獣医師が
【うっ滞】と誤診してしまう
生来の“何かおかしい部分”を持っているメルさん」


「食欲も元気もある目の前のメルさん」

の姿です。


もちろん肝臓は「ものいわぬ臓器」として知られ、
加えて「ものいえぬウサギ」なので、

「メルさん元気だからね〜るんるん安心安心顔(イヒヒ)」などと、病気を隠す性質のウサギを前に
悠長に放任していてはいけないことは重々承知。

けれどメルさんの性格や体調を一番良く知り、
一番良い選択ができるのはこの自分。
裏返せば、自分が優柔不断で悶々としていたら
その不安や不安定感はメルさんにしっかり伝わってしまい
メルさんのストレスを招来しかねないということ。

なので、周囲の方々のお声をいただきながら
目の前のメルさんの姿と照らし合わせ、
そして主治医の意見もお聞きしながら
判断を下し、道を選び拓いてゆく(=全責任は自分にある)

というスタンスを崩さないよう、自身に再確認した次第です。

(このように、自身の方針の在り方を確立させることができたのは
ルビーさんの経験則によるお言葉『自分の納得のゆく道を』が
あってこそです。少しでも多くの情報を入手することは大変重要ですが
その情報の海であちこち漂流していたら遭難してしまいます。)


話が戻りますが、今後「ALP」の値が高くなったとしたら
ニコちゃんの症例が多いに参考になってくるし
そうでなくとも数値の見方や記録方法など
(そのワザは真似こそできぬとも)なるほど!と頷く箇所が多々あったし

親切極まりないことに、細かな病院情報・検査情報を
メールで既に教えていただいているので、
ルビーさん、そして前エントリがルビーさんのお目に留まる機会を
与えてくれたブログ村には感謝の念でいっぱいです。


うさぎの病気についてまだその殆どが未知の世界だという現状。
その中でこうして「同じキー」を持つ子(と、そのママさん)と
繋がれる奇跡。ネットさまさまです。


「同じキーだから同じ治療を」ではないのだ、とあらためて
考えさせてくれたルビーさんとニコちゃん。
これからも有用性の高い(いや、低くても)情報交換をしながら
自分たちの子の健康と幸せ、ひいては自分の精神安定と幸福を
追求していきましょう。


うゎお〜 文字だらけたらーっ(汗)

なんじゃい この所信表明然としたエントリはあせあせ(飛び散る汗)
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 14:36| Comment(3) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

超多飲多尿につき緊急通院

以前からメルさんの多飲多尿については
こちらのエントリでも何度か取り上げてきましたが
この2日間はそれが輪をかけて異常な様相を
呈するようになってしまいました。

深夜0時に500ccのボトルを満タンにしておいても
朝6時にはそれが一滴も残されておらずスッカラカン。

『スタッフさん、おはよーございます。
ところで早く水くださいな』


と催促する始末。

6時間で500ccということは、単純計算で
1日に2リットルではないですか。

今までは

「いやー、うちのメルさん変わってるから
1日に1リットルも飲むんだよね〜」

なんて一笑に付していたけれど、
ここまでくるとさすがに腎臓病を疑わざるを得ません。

一時的に良くなったかのように思えていた
お尻周りの尿やけ状態も
またひどくなっており、尻尾はぐしょぐしょに濡れています。

110423_schwanz.jpg

写真には収められませんでしたが
尻尾の裏側や後ろ脚の内側は...

脱毛しきってツルツル


メルさんどうしたの。

おしっこはほぼトイレで成功しているのにどうしてなの。

30分に一回おしっこしてたらいやでもそうなるか。

ああもう痛々しい。メルさーーーーん・・・


ということで、横なぐりの雨が傘を叩きつける中、
メルさん(の収まったバッグ)抱えて
病院に駆け込みました。


診察が始まるまでの待ち時間、名前を呼ばれてからの診察、
血液検査、尿検査、結果診断...

これら2時間もの間、メルさんは本当にいい子にしていました。
特に結果診断と今後の治療方法について
わたしがDr.と話し込んでいる時間は物凄く長かったのですが
おさんぽバッグから顔をひょっこり出して
まるでわたしたちの話していることが解るかのように
じっと目と耳を傾けていました。

メルさん、あなた、ほんとに偉い子だよ


さて、肝心の『結果』です。

まず、尿検査では異常値は全く出ませんでした

次に血液検査ですが、こちらがちょっとひっかかりました。


しかしBUN(血中尿素量)Cre(クレアチニン)といった
腎臓疾患に関係する項目は全て問題なし

ではひっかかったのは何かというと・・・

2010年12月18日にも「値が高い」と指摘され
投薬を受けた『GPT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)』

去年12月18日にはこの数値が「220(IU/L)」で
「基準値MAX80に対し、著しく高い」と指摘されたのですが

今日はこの数値がなんと「256(IU/L)」・・・


Dr.曰く

「多飲多尿の症状との因果関係はわからないけれど、
仮に関係が無かったとしても、これはこれで治療しないと。
先天的に肝機能に障害があるのかもしれませんね。
それに、体重が減少している(1250g)のが気になりますね。」



『体重1400gを切っちゃってましたか?!
あんなに食欲旺盛で常に食べて飲んでを繰り返しているのに・・・。
ペレットなどカロリーの多いものをもう少し増やした方がいいですか?』



「そうですね。通常は体重の3%が
一日のペレットの量の目安なんですけど
これも個体差があって、ヤセの大食いタイプもいれば
その逆もいます。
メルちゃんは食べても食べてもお肉にならない
ヤセの大食いなのかも。
ペレット、もうちょっと増やしてみてください。」




『わかりました。ところで多飲多尿の子でGPT値が高い子というのは
先生の今までのご経験の中ではいませんでしたか?』




「いませんでしたね。多飲多尿の子自体が少ないですし
その子たちも原因が判らない子が多いんです。
腎臓疾患はないんですよ。」



『ではウチの子も多飲多尿に関しては
その子たちと同じ(原因不明)かもしれませんね。
肝機能障害についてはわかりました。治療をお願いします。

しかし多飲多尿はこの子の持つ個性だと捉えることができても
この尿やけについて出来る限り回避させたいので
何か良い方策はありませんか?』



「まずひとつ提案できるのは、ケージの床を
網にすることです。」




『そうすると確かにトイレ以外のところで
おしっこをしても、床に溜まらず体毛に付着する量は減りますよね。
でも、網にするとソアホックの危険性が高まると聞きました。』




「それがちょっと皆さん誤解するとこなんですよ。
ソアホックというのは体重をかけて一箇所に長時間
じっとしているとそのリスクが高くなっちゃうんです。
それは材質がプラスチックであっても木であっても
同じなんですよ。

なので、ソアホック対策として大切なのは
運動させることです。」




『運動ですか。では昼間ひとりでいるときに
色々遊べるように、ケージ内にロフトをつけたり
空中トンネルをつけたりするのはどうでしょうか?』




「うーん・・・そういった環境下で骨折事故も実際起きていますし
メルちゃんひとりだけという状況では
そういった上下運動モノをつけることはオススメできませんね。」




(そっか・・・やっぱり遊んでいる姿を注視できないとダメなんだ・・・凹)


『では運動というと具体的には?』


「一日に30分ぐらいはサークルに放してあげてください。」


(なんだ・・・今やってることじゃん・・・よかった)


「メルちゃん、今日もお腹が“もったり”しているし
できるだけ動かしてあげてください。

あとは、尿やけがひどいので足湯みたいに
浅いお湯を張って洗ってあげてください。
あまりにもひどいところは
ハサミでカットしちゃってくださいね。」



『ハサミでカットは結構やってます。
本人あまり嫌がらないのでバサバサ切っちゃってます。』




「それでいいです。
ではお薬の処方ですけど、尿やけ部分が炎症起こしているので
(12月にも出したのと同じ)抗生剤を。
それと、肝機能の治療に対するお薬は、
これも12月と同じサプリを。
これでいいですか?」




『はい。肝機能の方に働くお薬はうさぎ用のものがないんですよね。
だったら前回と同じサプリをお願いします。前回はその投薬で
1週間後には220という値が141に下がりましたから
メルには合っているのかと思います。』




「OKです。ではどのくらい出しますか?
次回はいつにしますか?1週間後?2週間後?」




『2週間お薬と時間をください。
というのも、早速床材を網に変えたいと思うので。
それに、ペレットを増やしてみて
2週間経っても痩せ続けているようなら
かなりの確率で他の病気が考えられますよね。
その結果を見るためには2週間ほど必要かと。』




「そうですね。ホルモン系などの難しい病気じゃないと
いいんですけど。といっても、ホルモン異常なんかだと
うさぎの正常値すらまだよくわかっておらず
検査センターでも検査を受け付けてくれるかどうか・・・
受け付けてくれたとしても入院が必要な大掛かりなものに
なるでしょうしね。」



(センセ、あまり脅さないで・・・)


「では2週間しっかりお薬飲ませて2週間後にまた
おしっこ持ってきてください、念の為。」



〜以上、会話形式での診察内容概略でした〜

これはあくまでも要点だけをまとめた概略なので
メルさんはかなりの時間、じっと待っていたことになります。
ヒトの幼児であっても飽きてぐずっていたと思います。


この「飽きてぐずって」が出なかった代わりに
メルさんにのしかかっていた飽和状態のストレスが
ウンチに現れました。


110423_kot.jpg

通院によるこれほどのストレスは初めてです。
さすがのメルさんも血を抜かれたり
検査入院かもなどと脅しを受けたりして
さぞかし疲れたのでしょう。
(そりゃそうです。わたしもすっかりグッタリ)

でもメルさんはさすがに偉い子、立ち直りの早い子。

昨晩GONZO姐から届いた美浦さんチモシーの
おまけとして付けてくれたオーツヘイを
一本たりとも残さず平らげています。

110423_oat.jpg

今日からまたシリンジ生活になりますが
メルさん、お薬も大好き(しかもジュースじゃなくてただの水で
溶いたものでも喜ぶ)なので
ストレスにはならないでしょう。

けれど2週間後が心配。

お尻周りも悪化して、且つ肝機能も悪化して、
且つ体重もますます減ってたらどうしよう。

最悪を想定していれば「想定外」はないのだと思いつつも
ひとたび悪い方向に考えるとどよ〜ん・・・テンションガタガタ。

らす´ は「メルさんがしっぽを自分で搾っている夢を見た」
と言うし、スタッフ陣の方が神経過敏になっちゃっている
今のラボ状況です。


そうそう、記録のために本日のお会計、チーン。

110423_kasse.jpg

誕生日プレゼントを諦めることにきめました


ああ、明日はイースターじゃないか!

とりあえず今日メルさんお風呂入ってちょっとサッパリしよう。
我々もサッパリしてみよう。うん。

前回の不調のときはちょうどクリスマスだったし
メルさん、キリスト教と何か深い関わりでも?


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ







ニックネーム らぼすたっふ at 17:05| Comment(3) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

うさぎまみれ うさぎまつり

週の真ん中というのはどうしてこんなに疲れるの...

と1日の疲労を思いっきり引きずってラボに出勤してみたら

exclamation×2ウサギexclamation×2ウサギexclamation×2ウサギexclamation×2

110420_geschenk_1.jpg

遥か海の向こう、オーストリーからプレゼント小包プレゼントぴかぴか(新しい)

『Osternも兼ねてお誕生日プレゼントexclamation

ですって揺れるハート (I was born at five o'clock on May 5th.)


メルさんもなにやらとても気になるご様子。

110420_geschenk_2.jpg

イチゴのにおいでもないしなぁ・・・と
必死に嗅覚記憶を総動員してお悩み顔。


いざ開封exclamation

WOW!

びっくり鼻血レベル大興奮わーい(嬉しい顔)

110420_geschenk_3.jpg

なんですかー

このココロのこもりすぎたうさぎセットexclamation&question


クッキー型抜きアリガトペーパーナプキンアリガトスノードーム

んでもって

石鹸アリガトMilkaチョコアリガトLindtチョコ

極めつきは映画館にうさぎが大集合したカードウサギ

110420_geschenk_5.jpg


ニンジンにうさぎがのって空飛んでる
HARRY COVERなるあやしい映画が上映されてますよ




『EIN STAR VERSTECKT SICH IRGENDWO...』
(スターがひとりどこかにかくれてます)


というクイズ文を見て、うーんうーんと考えたのですが
まるでわかりませぬ。

ひょいとカードを裏返すと

110420_geschenk_5-2.jpg

ああ、ここを削れば答えが判るのねひらめき


110420_geschenk_6.jpg


おいこら...

ドイツ語圏のユーモアセンスは壁が高すぎBad

仕切り直して、
メルさんクリソツなペーパーナプキンにズームアップ映画

110420_geschenk_4.jpg


かわいいですねーグッド(上向き矢印)

もったいなくて使えませんねーグッド(上向き矢印)

ってか、こんなのサーヴするお食事なんてラボでは一生ありえませんねーバッド(下向き矢印)


表参道でも出くわしたLindtうさちゃんを
メルさんにも紹介してみましょ。

110420_geschenk_7.jpg


110420_geschenk_8.jpg


確かにMilkaうさちゃんの方が可愛いよねぇ
(ドイツやオーストリーではMilkaうさちゃんの
でっかいぬいぐるみがこの時期の
お菓子売り場のアイドルなのだよ)



なんて好き勝手いいながらもパカッと蓋を開けると

110420_geschenk_9.jpg

さすが老舗の高級感ぴかぴか(新しい)

もったいなくて食べられなーいるんるん

なんていうセリフはラボにはなーい

Gaaaaanz herzlichen Dank !!

今年はいつも以上に素敵なイースターと誕生日を迎えられそうですハートたち(複数ハート)


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 21:56| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチゴ 初体験☆

ひのきステージへの唾液反応が見られないことに
気をよくしたラボスタッフズ、
調子にのってちょっと冒険しちゃいました。

久々の

四葉初体験シリーズ四葉

(も終わりか?)のイチゴ。


110419_erdbeere_1.jpg

よしよし。確認OKGood


野菜だいすき果物だいすきなんでもだいすき

なメルさんのこと。
絶対イチゴは彼を喜ばせるはず。

そう信じて奮発!・・・の298円。



早速メルさんの反応を窺います。

110419_erdbeere_2.jpg


ただならぬ甘酸っぱい未知の香りに

110419_erdbeere_3.jpg

こんな顔になっちゃいました・・


この馬顔が裏切ることなく

110419_erdbeere_4.jpg

メルさん、今までの中でも1,2を争うような食いつきっぷり

どういうわけか、

「ひゅっ ひゃひゅっ」

という口笛のような音を立てて
口をまぁるくさせて食べています。

110419_erdbeere_5.jpg


110419_erdbeere_6.jpg


110419_erdbeere_7.jpg

こ、こわ・・


110419_erdbeere_8.jpg

無我夢中で一気食いした後

「もうないの?ちょうだいちょうだい!」

と必死のアピールを繰り返すも
あえなく却下バッド(下向き矢印)


しょぼーんなメルさん、何をしはじめたかと思ったら

110419_erdbeere_9.jpg

こぼれおちた苺滴を名残惜しげに
ずーっとなめておりました・・。


110419_erdbeere_10.jpg


喜ぶ姿を見るのはとても嬉しいけど
あくまでもおやつはおやつ。
数ヶ月に一度の特別イベントなのだぞ。


ひのきのなめすぎにドキドキ・・・

これでアレルギーが出たら
イチゴかひのきかわからないじゃん・・がく〜(落胆した顔)

・・・と、心配してメルさんの顔を覗き込んだそのときどんっ(衝撃)

顔のお手入れをしようとしたメルさん、
手にもぐっしょりと付いた苺滴を丹念に払おうとして・・・


パンッ!パパンッ!パパパパパンッ!


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

鎌倉シャツで手に入れた真っ白なシャツを着ていた
ワタクシがアホでした顔(なに〜)

おろしたてのシャツを着たままメルさんのお相手してた
ワタクシがアホでしたBad


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

表参道のうさぎたち

今日の東京は春を通り越して
晴れ初夏晴れのようないいお天気でした。

待ちに待った(というのは半分ウソ。ちょっと前に情報入手したのです)

『Lapin.Lapin.Lapin2 しらとあきこ うさぎ絵雑貨作品展』

を鑑賞するために、そして可愛すぎる
手作りうさちゃんグッズをゲットするために
らすズ はメルさんに暫しのお暇をいただいて
表参道へと繰り出しました。


しらとあきこさん と、彼女の創り出すうさちゃんグッズの存在を
初めて知ったのは去年のうさフェスのときでした。

沢山ある展示ブースの中、ひときわ輝いていた
しらとさんの手から巣立ったいきいきとした
うさぎさんたち。

とても繊細なタッチでリアルに描かれているのに
すぐに擬人化して言葉を発しそうなイラスト性を醸し出す
その不思議で温かい作品と、作品たちが寛ぐ
(いえ、寛ぐ間もなく飛ぶように新しい主の元に旅立っていったんですけどね)
ほっこりした空間に魅せられてしまったワタクシなのでした。

メルさんそっくりのグレーの仔が
「紅茶どーぞ喫茶店」とあどけなく、ちょっとぎこちなく
ティーサーヴしている様子が描かれた
クローバー付きのペンダントを買わせていただいてから
日を経るにつれ しらとあきこさん が産み出す
より多くの作品たちとの邂逅を願うようになっておりました。

そしてあまりにも慌しいうさフェス会場では
叶わなかった しらとあきこさん ご自身と
いつかお喋りできたらいいなあと思っていたとき。

このたびの個展の情報をキャッチできたのでしたわーい(嬉しい顔)


そして今日。
いってきました、表参道。

うさぎモチーフで有名なブランド「Paul Smith」の
日本初の複合ショップ(最上階はギャラリーになってます)である
「Paul Smith Space」をちょろっと素見してから
20秒で目的地発見目

110416_lapin_1.jpg

ありましたー。

LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)

ギャラリー(1F)とライヴスペース(地下)からなる
白亜の素敵な外観。

エントランスをくぐると早速
しらとあきこさん のあったかみ溢れる
うさぎちゃんポスターがお出迎え。

110416_lapin_2.jpg

他のお客様もいらしたのに
図々しくここで軽く自己紹介。

しらとあきこさんご自身も
彼女の作品のように
絵本から抜け出たような
キュートでほんわかオーラを纏った
眩しさ溢るるお方なのですぴかぴか(新しい)

ギャラリーの中に吹く風の通り道まで
考えられたような心地の良い世界。

110416_lapin_3.jpg

メインの作品である絵だけではなく
ペンダント、ピンバッヂ、カード、
携帯用バッグハンガー等々

いろーんなグッズが展示され(全て購入できます!)
中でも、売り上げがそのまま日本赤十字社に送られるという
チャリティー商品であるカードセットは
多くの人の目を引き、手に取られていました。

しらとあきこさん のファンだと豪語しながらも
ビンボーひまなし(あ、ヒマだけはちょっとある?)なワタクシに
縁あって連れてこられた仔たち 下

110416_lapin_4.jpg



ひととおり会場をぐるっと廻らせていただいた後
あらためて しらとあきこさん としばしのお喋りハートたち(複数ハート)

今までのお仕事の中で生み出された名作(年賀状素材書籍とかうさぎ飼育本イラストとか)
を見せていただいたり、去年のうさフェスでのお話をしたり、
はたまたメルさんの原因不明症状の悩みを聞いていただいたり
本当に充実したひとときを共有できて嬉しかったですウサギ

11歳でもまだまだ元気印、しかもグレーの仔のママである
しらとあきこさん はワタクシにとっては大先輩であり
勝手に親近感をも抱いてしまう憧憬の対象です。

しらとあきこさん。

これからも益々のご活躍をお祈りしていますね。
今年のうさフェスでもお会いできたら嬉しいです。


欧米の方々のお住まいが多いためか、
ワタクシのテリトリーである城北エリアとは違って
表参道は今まさにウサギイースター色ウサギ一色に染まっていました。

110416_lapin_5.jpg

ショコラティエのウィンドウにも


110416_lapin_7.jpg

おうちの窓際にも


110416_lapin_6.jpg

Lindt(日本では初めて店舗を見た!)にも、あのウワサの(目つきの悪そーな)でっかいうさぎが鎮座


110416_lapin_8.jpg

むむ?こちらは上下両方ともうさぎモチーフのケーキ


110416_lapin_9.jpg


やっぱりイースター用なんですねバースデー


うさぎづくしのうららかな表参道の昼下がり。

まるで不思議の国にでも迷い込んでしまったかのような
夢の世界でした。


このまま雑然としたブクロ界隈に戻るのは
精神衛生上よろしくないかと思い、
帰途は表参道から青山まで闊歩して

(この途中にも白うさぎキャラと とろ生ドーナツで有名な
Love Sweets ANTIQUE や、
ピーターラビット公認の ピーターラビットフラワーズ などを発見。
青山通りはうさぎさんとの遭遇率高し!)


そこから一駅地下鉄に揺られ六本木へ。

お気に入りのミッドタウン内「サントリー美術館」で
コレクションの軌跡展を観ました。

110416_lapin_10.jpg

ここでも初っ端から俵屋宗達作の「兎蒔絵茶箱」が
展示されていてびっくり。

うさぎウサギ うさぎウサギ うさぎだらけ。

さあ、1週間後はうさぎのお祭り、イースターですよん。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 00:27| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

甦・ヒノキ休憩処 (試験的仮設置)

皆さんには既に
リアルタイムエントリにてご報告のとおり、

メルさんがとっても気に入っていた

昨年9月に全面ヒノキ仕様にしたサークルエリアは、

唾液過多の原因かもしれぬ』という疑惑の目を向けられ、

わずか4ヶ月間の現役生活を引退し、
メルさんとの惜別を経て

撤去されてゆきました


結局メルさんの
原因不明症状(唾液過多)と
ヒノキ(針葉樹)との相関関係

闇の中に葬られたまま事態は終息したのでした。

ケージに入れられた木製ハウスの上に
のることが好きなメルさん。

しかしその木製ハウスも
おしっこ事情によりトイレに取って代わられ

結果、メルさんは大好きな『木』から
隔離されてしまっています。


ここで らすズ の甘い思考と淡い期待が頭を擡げてきます。


唾液過多症状は

ヒノキとは直結していなかったんじゃないか?



ちょっとの間なら、メルさんに「木」の喜びを

また与えてもよいのではないか?



ものいわぬメルさんの表情から何かを察した らす´ が
ノコギリを持ち出してぎーこぎーこ
ヒノキを寸断し始めました。

で、できあがったのがこの 即席休憩処。

110414_pause_1.jpg

ケージの扉を開けるや否や、
すたたたっと駆け降りてきて
ちょこんとヒノキ休憩処に収まるメルさん。

110414_pause_2.jpg


なかなか離れようとしませぬ。

110414_pause_3.jpg


110414_pause_4.jpg


110414_pause_5.jpg


110414_pause_6.jpg


110414_pause_7.jpg


110414_pause_8.jpg


というように、ホントに気に入って
サークル内をパタパタ走るものの
すぐにこのヒノキ休憩処に戻ってきます。


今のところ異常(唾液過多)は見られません。
でもまだ因果関係が払拭されたわけではないので
自由時間が終わったらヒノキは即刻別室移動です。

このまま暫く様子を見て、
(メルさんには悪いけど)
これで唾液過多症状が再発するようなら
間違いなくメルさんはヒノキアレルギー。

逆に、発現しないのならば、
唾液過多には他の要因アリ
(例えば、今は絶っている野菜や果物)と踏めます。

もしもヒノキ(針葉樹)がNGだったなら
広葉樹という選択肢もありますよね。

メルさんの求めるもの・好きなものを
できるだけ提供していきたいと考える
ラボスタッフズであります。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 10:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

チモシー箱買いと新味オーツヘイ

メルさん御用達の「ペットフード美浦」さん
いつものチモシー(300g個装×10袋)をオーダーしようとしたら
当該商品売り切れあせあせ(飛び散る汗)


横着なワタクシにとって、箱買いはお得¥ではあるものの、
めんどい仕分け作業がイヤで気が進みませんでしたが、
そのへんは手先が器用な らす´ が担当するってことで、

5kgを一気にオーダーexclamation×2

えへへ、どうだ!すげぇ箱買いだろ!グッド(上向き矢印)

・・・って思っていたら、

お師匠 どんちゃん が なななんと

12kgの箱買い

さすがです。

チモシーの詰まったダンボールを見上げるどんちゃんは
さながら東京スカイツリーを見上げる押上のヒトのごとし。

ということで弊ラボに届いた壮観(のはずだった)5kgがちと貧弱に見えますな。

110412_timothy_1.jpg

これでも収納いっぱいいっぱいな文字通りのウサギ小屋なのさ...

ちなみに5kgがぎゅぎゅっと1袋に梱包されて(縛り付けられて)
そのまま厩舎に持っていけそうな体で届きます


これを らす´ が手に無数の傷をつくりながら
メルさんのために仕分けします。
(美浦さんのチモシーはホントにごっつくてツンツンしてる)

110412_timothy_2.jpg

メルさんは1日100gちょい召し上がるので
これで3日弱分かな。


メルさん、どーお?

110412_timothy_3.jpg

110412_timothy_4.jpg

『300g×10個』の個装のモノよりも
何故かもっと「硬さ・長さ」がUPしているように思えます。
逆に穂先に関しては個別包装商品の方がデカくてごっついような。

黒ハート硬いの太いのなーがいの黒ハート

が大好物のメルさんの食いつき(穂先以外も)は
皆様の想像に難くありません。

満身創痍の らす´ がメルさんの幸せのために
身を挺してまた箱買いしてくれますとな。
良かったね、メルさん。


ところで。

箱買いしたモノがもう1つありました。

メルさんの大量のおしっこには欠かせない
ウッドリターを業務用で30リットルどどーんと
買っちゃいました。
(だってすぐになくなっちゃうんだもん)

そのときについてきたオマケがこれ。

110412_timothy_5.jpg

オーツヘイ?

どこかで聞いたことがあるけど、よくわからんなぁ。
でもなんとなく高級感漂う香りとネーミングの響き。

メルさんに献上してみましょか。

110412_timothy_6.jpg

メルさん、くんかくんか、と匂いを嗅ぐやいなや・・・

110412_timothy_7.jpg

その美味しさに衝撃を受けたようで、
それはそれは凄い勢いで喰らいつきましたですよ。


メルさん的には「特別な嗜好品」と感じられたのでしょう、
なんだか不思議そうな面持ちを呈してモグモグされてました顔(笑)

110412_timothy_8.jpg

よくよく調べたら(って、メルさんにあげる前に調べろっつの)
「オーツヘイ」はチモシーと同じイネ科で、カロリーも低く(しかし穂先はカロリー高し)
チモシーよりも繊維質に富んでいる素晴らしいモノだったんですね。

メルさんのウンチは相も変わらず立派な形と大きさと量なので
毛球症とは今のところ無縁ですが、もしも今後
そのような懸念が生じてきた際には
食事としてチモシーに混ぜてあげてもいいな、と思いました。

ただやっぱりバリバリポリポリとした食べ応えは
美浦さんのチモシーに敵うものは無いみたいですけどねウサギ


四葉ちなみに美浦さんは楽天にも系列SHOP(同商品/同価格)があるのですよ四葉


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 11:46| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

メルさんのおしっこ事情〜その3〜

悲しいことにまだまだつづくよ おしっこ話。

「その後 おちりの具合はどーお?」

と心配してくださる方々へのご報告も兼ねての記録であります。


まずは 現在のお尻周辺をば。

110411_urin_1.jpg

これでも大きな方の左側タラコちん。
(右側は殆ど見えることが無い...)


タラコちん周辺〜後ろ足内側にかけて
ついこの前までは真っ赤な地肌がのぞいていましたが


110411_urin_2.jpg


地肌が隠れているのが判るでしょうか?

しかしこれで手放しには喜べませぬ。
なぜなら「100%乾燥している」状態ではなく
たまに(未だに)濡れていることがあるからです。

加えて、「メルさんの乾燥処(休憩処)」だった場所でも
粗相が増えていることが判りましたバッド(下向き矢印)

(ちゃんとトイレでも沢山できているのにねえー・・・ふらふら


そこで ラボスタッフズ は考えました。

皆さんからいただいたお知恵を試してみようと。

この週末、トライしてみたのは がじゅうさん が教えてくださった

『ペットシーツを入れた洗濯ネット』


がじゅうさんのお宅のまる君のために
獣医さんがくださったアイデアだそうです。

これを「メルさんの休憩処」に設置。


110411_urin_3.jpg

ホリホリしたりかじったりすることなく
ぴょこんと洗濯ネットにのり
速攻寛ぐメルさんのお姿。

久しぶりに
木製ハウス(のぼったり降りたりするのがメルさんお好きなんです)
ケージに入れて一晩様子見。


明けて次の日。

洗濯ネットの中のペットシーツが「もう限界!」
と声をあげるくらいの吸水力を発揮して
メルさんのおしっこをたんまりと含んでおりました。

そして洗濯ネットは・・・

やはりそこまで大量のおしっこを含んだペットシーツと
密着しているわけですから、
さすがにカラカラのサラサラとはいきません。
触るとちょっと湿っぽいです。

しかしexclamation

直接、おしっこがびちゃびちゃに付いたままの
プラすのこ(プラ床)の上に居るよりは
ずっと「体毛への浸透量」は抑えられているように感じられます。

「その場でウンチをしちゃったら、下に落ちないから
不衛生じゃないの?」


などという懸念も別視点から色々出てはきますが

とにかく今は色々試行錯誤してみること。

メルさんには(環境をコロコロ変えて)申し訳ないけど
メルさんの懐の深さと高い順応性に甘えて
ここはひとつ(いや、ふたつ・・・みっつ・・・)試させてもらいますひらめき

トイレが1つだとウッドリターがもわもわを超えて
液状化してしまうほどになることが判ったので
木製ハウスは一晩でまた撤去、三角トイレ復活たらーっ(汗)

110411_urin_4.jpg


110411_urin_5.jpg


メルさん、ごめん顔(え〜ん)


メルさん。

噛む・ひっかく・足ダン・スプレー・マウンティング・・・

そういう「一般的なうさぎ性」を
いまだかつて一切見せないメルさんには
ほんと脱帽だよ。

頭が痛いなーと暗い顔をしていれば
すぐにかけつけて痛いところをペロペロなめてくれる
そのアンテナの敏感さと的確な処方には
ほんと感謝しているよ。

トイレでちゃーんとおしっこを何度もしている姿、
しっかり見ているよ。
偉いね。すごいね。

でもね、
メルさんは 意識しないおしっこ の回数が多いみたい。
ほかのうさぎさんよりも少しおしっこが多いみたい。

だから「メルさんの不快感を少しでも減らせそう」と
思えたこと、試させてね。


・・・とかなんとか らすズ が感傷に浸っているうちにも
メルさんは「洗濯ネット」に馴染んで
しきりに気になる部分(足の内側)をペロペロしてました。

110411_urin_6.jpg

がじゅうさん、アドバイスありがとうーハートたち(複数ハート)

もしかしたら(昼間に管理・監視できないこともあって)
やめてしまうかもしれないけど、
今のところは「有効っ!」と判断しています。

メルさんを具に観察しながら、これからも
いろんな道を探っていきたいです。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 12:02| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

メルさん飲食業に乗り出す

メルさんexclamation

ラボでの研究くすりだけじゃ
おまんまの食い上げになっちゃうという危機感から
別の業種に手をつけ始めたってホントですかexclamation&question

110310_kitchen_2.jpg

えーどんっ(衝撃) やっぱりーー(長音記号1)

ウワサは本当だったんですねバッド(下向き矢印)

110310_kitchen_1.jpg


やだなあ、コレですよコレ。

110310_kitchen_0.jpg


駅から会社に向かう道すがら、渡されたんですよぉ。

東急百貨店のセレブ感溢れる『タント タント』とは
えらい違いですなぁ・・・


だってね、メルさん
ここ、イートインにしてエサランチ400円エサなんですって 目


チモシーとかメニューにあったら(ホントにありそうで)
コワイなー。 ← と言いつつ大変気になっているヒト


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 08:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする