2011年02月01日

経過観察web記録その4(2011/02/01)

ほんのちょっとの『食糞汁(生々しいネーミングだな)
神経過敏になってしまう今日この頃。

昨日(1/31)の朝、ケージのトレイに1つだけこの食糞汁のシミがあり、

バッド(下向き矢印)えー・・・そんな・・・もう再発なの・・・バッド(下向き矢印)

と1日ブルーに過ごしたけれど、

昨晩のチェックの際も、今朝のチェックの際も
食糞汁はひとつも見られず。ほっ。

口周りもアゴも濡れておらず。ほっ。


多分・・・多分だけど

この食糞汁は、盲腸糞を食べようとした際に
タイミング悪く(普通の)唾液がこぼれてしまうか、

盲腸糞が纏っていたツルツルな液体が
こぼれてしまうか

いずれかの理由によって下に落ちちゃうんじゃないかなあ。

だって、ほかの子についても

「茶色いシミがペットシーツに
付着してることはたまにあるよー」
って結構耳にするもの。


メルさんの『不調(原因不明&治療方法不明の唾液過多)』
のときの現象とはまたケースを異にするもので、
問題視するものではないんだろうな。

でも・・・

その「問題視するものではない通常の食糞汁(シミ)」

と、

「不調開始サインの唾液過多モードの食糞汁(シミ)」

との区別がつかないー・・・

なので物凄く神経尖ってしまう。ビクビクしてしまう。


来るなら来い!
食欲だって落ちないしウンチだって立派だし
唾液で口元やアゴが汚れるだけなんだからー!


って開き直れたらラクなんだけど・・・

(でも実際にメルさんの痛々しい姿見たら
やっぱラクじゃないね)



今朝のメルさん。

110201_1.jpg

相変わらず食欲旺盛
でもアゴのあたりの
むき出しの皮膚がかわいそう


すこーしずつ新しい毛が再生しているのだけどね。

110201_2.jpg


メルさん、メルさん?


110201_3.jpg


どうだい?皮膚はヒリヒリしたりしないかい?


110201_4.jpg

「だいじょぶだよ〜」


・・・と返答してくれていると良いのですが。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 13:38| Comment(0) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする