2011年02月27日

爪切り初挑戦

動物病院のDr.から

「爪切りぐらいはおうちでできるようにしないと」

と長らくプレッシャーをかけられていたこともあり
やっとラボ内での爪切り遂行に至りました。

重たい腰を上げたらすズ、
リビングの椅子をバスルームに移動し
メルさんをくるむブランケットを椅子の上に用意。

うさぎ用つめきり、止血剤、ヤスリ、
ご褒美用ペレットも完備。


110226_nagel_1.jpg

いざ決行exclamation×2



メルさんに「つめきりにいくよ」と声を掛けるも
「?」顔のメルさん。
そのまま抱っこしてケージからバスルームへ。

椅子の上にのせ、ブランケットでメルさんを
まるごとバナナ状態にくるみます。

動物病院では、

爪を切る手足だけを
順番にブランケットから1本ずつ出して
パチンパチンと切る...


ことがちゃーんとできていたのですが、
慣れないらすズ、半ばパニクりながら

「あれ?次の指は?どこ?ないっ!」

「メルの顔がブランケットから出てきちゃった!」

「血管が見えないっ!」


終始あたふた、いっぱいいっぱいあせあせ(飛び散る汗)

言い訳をするつもりではありませんが(って、言い訳じゃん)
メルさんの爪は白いものと黒いものがあり
白い爪は血管がよーく見えて爪切りも楽なのですが
黒い爪はもう何がなんだか、血管がどれだか
まったくわからんのです。
(懐中電灯で照らしながら確認しても見えづらい)


そんなパニックな我々を相手に、メルさん
よくガマンしてお付き合いくださいました。

ただ、手(前足)の小指だけは
両手とも何故か嫌がって、
爪を切ろうとすると サッ と引っ込めてしまうのです。

懐中電灯をかざすと、血管が通っていない先っちょ部分は
確かにあるけれど、他の指よりはその部分が短い感じ。

そんな小指だけは痛いのかな?
「まだ切る長さじゃないよ」って教えてくれてるのかな?

そう勝手に判断し、小指2本は早々に諦めて
次回に延期することになりました。

そんなこんなで精も根も尽き果てたらすズでした...。
(多分一番疲れたのはメルさん)

16本の指の爪を切ったはずなのに
パニックの中、記念の爪がいくつか消え去り...

110226_nagel_2.jpg


動物病院で切ったときより
ものすごく短いですねーたらーっ(汗)

流血が怖くてほんの先っちょしか
切れなかったことがよく判りますバッド(下向き矢印)

ヘタレなおかげで
クイックストップは全く使わなかったけれど
もうちょっといっても良かったなぁ・・・と反省。

自身のテリトリーに戻ったメルさん、
安堵の息を漏らしながらもしきりに
切られた部分を気にしています。

110226_nagel_3.jpg


110226_nagel_4.jpg


110226_nagel_5.jpg

メルさんごめんよぉ。
次回もラボ内でやるからね。

次こそは、動物病院みたいに
リズミカルに無駄なくサクッと
パチンパチンといくからね。

なにはともあれ
おつかれさまでしたアリガト


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 12:37| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

メルさんの処方箋

どうにもこうにも
首から上の締め付け感と痛みがいつもよりひどくて
歩くのもままならなくなっちゃったので
昨晩クリニックに飛び込んで
筋弛緩作用の一番強力な薬を
いつもの倍処方してもらいました。

「いつもの倍出してください」
『わかりました』

30秒診療終了。

でもね、人間のお医者さんなんてどこもそんなもの。
獣医さんは違う星のお医者さんに思えます。

で、ラボに遅刻出勤したらこの主治医がお待ちかね。


110225_dr.jpg


こちらの主治医の処方は『抱っこ』

実はこれ、びっくりしました。
だって、いつも抱っこさせてはくれるものの
3分も経つとモソモソしてガマンならぬという
限界の顔を呈して下におりたがるのに、
昨晩のメルさんは全然違ってた。

な、なんと・・・


30分も微動だにせずずーっと
ワタクシの腕の中で気持ち良さそうに
抱っこされてたんです。

手足を自分の身体の下にきちんとしまって
「メル団子」の状態になって
ワタクシの腕の中に顔をうずめ
(横向きに)リラックスしているんです。


「メル、昨日はありがとね。
おかげで今日はちょっと激痛引いてるよ」

「メル、こんなにリラックスして抱っこされてるの
初めてだね。嬉しいよ。ありがと」

「どう、メル?心臓の音同士が共鳴しているね、わかる?」



額や背中、あご...メルさんに話しかけながら
ずっと撫でていると、またしても涙がたらーっ(汗)

歯をガチガチいわせながら目を細めるメルさんを
腕の中に感じながら、
遥か昔...保育園〜小学生時代のことを
想起させている自分がいました。

自転車の補助輪を初めて取り外したとき、
「ゼッタイ手を離さないから」
と言われても、「離されたらどうしよう」と勝手に不安になり
離されたときの不安定感や痛みを勝手にシミュレーションして
親すら信じなかったあの頃。

初めてのプールの伏し浮き授業で
「ゼッタイ手を離さないから」
と言われても、「離されたらどうしよう」と勝手に不安になり
離されたときの自分が溺れる状況を勝手にシミュレーションして
担任すら信じなかったあの頃。

でも・・・

「ゼッタイに離さないから」
と言われて、
『そうだよな。このヒトならホンモノだろうな』
と思える対象がいずれのシーンにも居たのです。

そのおかげでワタクシは自転車に乗れるようになり
泳げるようにもなりました。

それらの「ホンモノだろうな」とワタクシに感じさせた人物は
今考えてみると

「オトナの都合でウソをつかない/
いつもわたしのことをしっかり見てくれている/
わたしもひとりの人間として
そのヒトのことをちゃんと見ている(尊敬している)」


ということが共通項でした。

信頼関係というのは一朝一夕につくりあげられるものでは
ないのですね。
そしてまた、愛情や想いが一方通行でもいけないのですね。

お互いの気持ちが同じベクトルでしっかり結びついたときに
初めて信頼関係というものができてくるのですね。

メルさんはそんな大切なことを教えてくれました。

「抱っこの練習しなきゃ!」
「嫌がってもしつけはちゃんとしなきゃ!」


と焦っていたときもありましたが、
そんな「コチラの都合」だらけの
義務感丸出しでは、いくら怒ることを知らないメルさんでも
甘噛みをしようとして抵抗を見せるのも当然です。

『このヒトなら身を預けてもゼッタイ大丈夫』

幼少の頃に自分が感じたあの独特の安心感と信頼感を
今メルさんはこの腕の中で
味わってくれているんだな、と思うと
自然と活力が生まれてきます。

やはりメルさんは大事な大事な主治医サマです病院


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 15:55| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

メルニコフ診療所

あるんです。

精神力だけで「生」を選び、
いい意味での諦めの悪さを以って「命」にしがみついている
わたしでも

激痛と痺れに耐え切れなくなり
首から上をスポンと取って
捨てちゃいたくなるときが

あるんです。

今日の午後がそうでした。

激務を終えてどうやって帰宅したのかも
よくわからないまま
メルさんと向かい合いました。

サークルに入っていくと
メルさん、なんかちょっと違う。

わたしの膝に飛び乗り、胸のあたりを
トン、トン、トン...と小さな手で叩く。

『横になりなさい』

と言っているかのように、顔を覗き込んで
トン、トン、トン...と両手で叩く。

横になったわたしを確認するや否や
メルさん、
わたしのこめかみや目頭、目尻を
集中的に強く強くなめてくる。

どうしてそこが痛みの一番激しいところって判るの?

「メル、ありがと、もういいよ、だいじょぶだよ」

そう言ってもしつこくしつこくなめてくる。

溢れてくる涙もなめちゃうので
そんなヒトの汚れた成分なんて摂っちゃダメー
と慌てて起き上がる。

上目遣いで覗き込んでくるメルさん。

ありがとう、ありがとうね。

痛みは引かなかったけど、指圧に行ったときのような
気持ちよさとあったかさは
確かに効いたよ。

がんばる。

人生、気合しかない。

メルさんは本当に腕のいいわたしの専属医だ。

ちょっと危惧があるとすれば、
わたしがいつも「メル、ありがと。ありがとね」
を繰り返してばかりいるので
自分の名前が「ありがと」だと勘違いしているように
見受けられること。

それでもいいね。
もともとロシア語の苗字を
無理矢理ファーストネームにさせられちゃったんだもんね。

アリガト=メルニコフ・シトロエン。

これが正式な住民票登録名です。
みたいな...

ごめんね、またふざけちゃって。
こうしてテンション上げないと
前向けない病なのだー...

メルさん。

これからも
主治医になってください。
ずっと。
ずーっとね。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 23:23| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

立っちのポーズ萌え

うさぎの骨格形成や運動機能を勘案すると
あまりよろしいものではないと思われる「立っち」。

だけど、ワタクシ的にはこのポーズが
めちゃくちゃツボなんであります黒ハート

今まで撮りためたものの中で一番好きな
メルさんの「立っち」。

110221_steh_1.jpg

おめめが好奇心100%でキラキラウルウルぴかぴか(新しい)

謙虚なおねだりを表すが如くきちんと揃えられたおててかわいい

あぁ、このまま手をとって一緒に踊りたいくらいだるんるん

そして最近(ケージレイアウトを変えてから)見せる
立っちポーズがこれ。

110221_steh_2.jpg


アンニュイな雰囲気を漂わせ
橋のらんかんに手を掛けながら
川面のせせらぎを見つめ
物思いに耽る哲学少年みたい・・・


と見とれていたら、らす´ が

「駅の牛乳スタンドのおっさんみたいね」


たらーっ(汗)ウサギたらーっ(汗)


110221_steh_3.jpg



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)ウサギバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 14:46| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ごっつい穂先が毎日の愉しみ

もともとチモシーの穂が苦手なメルさんが
唯一『これぞ!』と飛びつくのが
美浦さんのチモシー穂先であることは
以前のエントリにも記しました。

わずかな朝と夜のペレットが
メルさんにとって極上のごちそうであることには
変わりませんが、ほんの十数秒で終わってしまう
夢とも現実ともつかぬペレットタイムでは
メルさんは十分に「味わう」ことができません。
なにしろものすごい勢いでがっつきますから…

そこでやはり
「美味い!これぞ食べ応えアリ!」とモリモリやれる対象、
美浦さんチモシーが重要な役割を担うわけです。

特にメルさんのおたのしみは「四葉ごっつい穂先四葉

その子によってホント好みはさまざまで、
美浦さんチモシーが苦手なお子さんも
沢山いらっしゃるでしょう。

でもね、メルさんはとにかく美浦さん贔屓。

チモシーを補充するや否や

110220_ho_1.jpg

真っ先に穂先を探します

110220_ho_2.jpg

見つけるとそれはそれはすごい勢いで
召し上がります
でもそのあまりのごっつさに「一口でペロッ」とはいかず
ちゃんと味わいながらもしゃもしゃやってます


穂先がなくなるとこちらを見て無言の催促です。

110220_ho_3.jpg

おっもしろいシチュエーションを収められましたカメラ
耳に穂先が引っ掛かってるんです顔(ペロッ)

110220_ho_4.jpg

メルさん、なかなか気づきません
こちらも敢えて教えません(イジワル)


そしてやっと・・・

110220_ho_5.jpg

見つけてご満悦ウサギ

こういう風に好きなものを思いっきり満喫している
様子を見ると、本当に嬉しくあったかな気持ちになりますいい気分(温泉)


さて、懸念事項の「ケージ内の茶色いシミ」。
その後も続いていますが盲腸糞食べ残しはなく
唾液過多の様子もなく、再発ではなさそう・・・です。
(希望的観測)

でも、この2日ばかり、いびつなBig Bensが
やたら多いです。(さすがに例の大賞サイズ21mmまでには達しませんが)

110220_big_bens.jpg

大きいのはいいことだけど、やっぱり
まーるくてハンバーグみたいなのが理想ですよね。
こういういびつで長いのは腸の不調の現れ?

・・・なんだか神経過敏でなんでもネガティヴに
捉えてしまうクセができちゃったらすズですバッド(下向き矢印)


【注記】
ココで『ファミマTカードは
唯一公共料金がクレジットカードで支払えて
ポイントも付与される』と書きましたが、
昨日こんなお知らせハガキがポストに舞い降りました...。

110220_famima.jpg

ガーンどんっ(衝撃)

住民税はセーフみたいだけど固定資産税NGはきつい...
なんだよぉ、東京都っパンチ

というわけで、都内にお住まいでここをご覧になって
ファミマTカード作ろうとされてる方がいらしたら、
どうかどうかご注意あれ...。



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 11:48| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

ナデナデモミモミ底なし恍惚わーるど

なんだか駅前のピンク色した看板の
古臭いキャッチみたいなタイトルに
なっちゃいましたが。


メルさんの観察眼は鋭く、ちょっとこちらに
時間的余裕があるなと踏んだ際には
サークルフリータイムになっても
すぐにウッドステップを駆け降りず、
こうしてウッドステップに手をかけて

じーっ

と固まってます。


110219_komm_1.jpg



これがメルさんの「ナデナデほしいよー」のサイン。

う〜ん、仕方ないなあ (←ホントは嬉しいくせに)
じゃ、少しだけだよ。

110219_komm_2.jpg


110219_komm_3.jpg


顔から背中からお腹からアゴから
ナデナデモミモミされるがまま。

110219_komm_4.jpg

奥歯ガチガチ〜がMAXになり
目がトロンとしてきました。

さて、そろそろ終わりますか。

110219_komm_5.jpg

名残惜しいご様子


メルさん、こうして存分にナデ&モミされたときには
ワタクシがサークルから出ちゃっても


110219_komm_6.jpg

しばらくこうしてー(長音記号2)ぽや〜ー(長音記号2) っとして
夢見る団子になってます。

最近はものすごい空腹のときでも
ワタクシが手を額にのせると
空腹感も忘れてナデナデの世界に入り込むメルさん。

一緒にいられない時間が長い分
こうした密着プレイ(またピンク看板臭...)は重要なファクタです。



ところで今朝ケージのプラスチック床に
茶色いシミがいくつかあって
またまた神経過敏になっているヘタレスタッフです。
なんでもないといいな。
盲腸糞は落ちてなかったから再発の兆しではないよね。
たまたまだよね。
うん、きっとそうだ、そうだよ。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 09:38| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

おトイレの問題と経過観察記録最終回

ケージ内レイアウトを変えて

「お水を飲むときには否応なしに
トイレに乗らなきゃいけない」


環境にしてから、メルさんの
ケージ内での粗相がちょっと減りました。

110216_toilette_1.jpg

お水を飲み終わったら・・・

110216_toilette_2.jpg

こうして向きを変えてしっぽを上げ

じょおぉぉぉ〜〜

とやりますGood


メルさんのしっぽがこうして上がるのは
おしっこのときだけです。
よそ様のうさぎさんたちが
ぴょんぴょん跳ねながらしっぽを上げている動画を拝見して
びっくり。「あー、おしっこしちゃう!」とドキッとしてたら
その子の「嬉しい」サインとしての「しっぽ上げ」だったんですね。
うさぎさんの生態も個体に拠るところが大きいのかなぁ・・・
(それともメルさんだけヘンなんだろか)



本題に戻りまして。

上記のような「模範的おしっこ」も毎日だけれど、
昼間のお留守番の間や
「チモシー美味い〜」のうれションでの
粗相もほぼ毎日ありますバッド(下向き矢印)

この2点については両方とも
納得のゆくものなので特に咎めませんが、

問題なのはサークルでの自由時間に
やってしまう マーキング

メルさん、サークルに降りてきたときには
まず一番にトイレに乗り、思いっきりおしっこするのですが
遊んでいる途中、隅っこという隅っこを狙って

ウサギひょいウサギ

としっぽを上げてるんです。
そして じょぉぉ〜小雨

こういうときの顔つきは
何かにとり憑かれたかのように遠く冥い目をしていて
無表情です。

きっとこれが「本能に呼び覚まされたとき」なのかなーと
見ているのですが・・・

男の子のうさぎらしい性徴を全く見せないメルさんが
唯一示すこの行為。

最近このマーキングが(回数も1回あたりのおしっこの量も)
多いんですねーたらーっ(汗)

諭したり叱ったり褒めたり、こちらも色々試していますが
いつか落ち着くときがくるのかな?

ね?メルさん?

110216_toilette_3.jpg




桜本日2つ目のトピック桜

長らく記録してきたメルさんの症状に係る経過観察について、
本日最終回と相成りました。

110216_zustand_1.jpg

ここまで生え揃えば外見上も完全回復です。

お気に掛けてくださった方々、本当に
どうもありがとうございました。

110216_zustand_2.jpg


110216_zustand_3.jpg

そうだね。それを願うしかないね。

未だに何が原因なのか明快ではないので
「野菜/おやつ禁止令」は続行です。

その分大好きな美浦さんチモシーを
たーくさん食べようexclamation

野菜もおやつも定期的・規則的に
あげていたわけではないので
この「禁止令」と「マーキング」との相関関係は
考えにくいんだよなぁ・・・


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 16:14| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

タント タント

ここは『兎魂〜うさたま〜』さんではありませんよーダッシュ(走り出すさま)


いえね、
らす´ が大学サークルOB会のイベント幹事をやっておりまして
しかもそれが定期的に割と頻繁に開催されるもんで
お店の開拓もひとしごとなんですわ。

で、今回渋谷に絞っていろんな会場の下見を終え
ラボにてパーティプランのチラシ整理をしていたんです。

そーしたら・・・


110213_tantotanto_1.jpg

目 えっexclamation&question 目

ワタクシ、視力また落ちた? (p_・)/

いや、んなことないっ


110213_tantotanto_2.jpg




?????

tanto_kun_chef.gif

ヒトさまのお子で遊んではいけません


なんかもう、この画しか考えられません。

35cmのシェフハットをかぶった料理長タントくんがね、
きびきびと若手に指示を出すのです。

そしてね、

チモシーとかアルファルファとかふんだんに使った
草食系ディッシュがカウンターに並んでいるんです。


〜以上妄想の世界よりお届けしました〜

110213_tantotanto_3.jpg


いやでもほんとマジ美味しそう。(そしてちょっと高そ...)


110213_tantotanto_4.jpg

GONZO姐、東京支部(なんの?)のオフ会の
会場候補に入れておくんなましレストラン


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 09:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

経過観察web記録その7(2011/02/13)

メルさんの例の症状に係る
その後の記録も7回目になりました。

アゴと口周りの(唾液過多による)脱毛部分、
遅々たるものの、だいぶ復活してきました。

110213_gesund1.jpg

ほらねぴかぴか(新しい)

地肌のピンクよりも新毛の白の方が勝ってきましたよ。

そして、臭腺部分の分泌液が確認できるほどに
毛が伸びてきてくれましたよ。


横顔もね、

110213_gesund2.jpg

ピンク色だったところが殆ど目立たなくなっています。

メルさん、良かったね虹

このまま再発しませんように。

110213_gesund3.jpg

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 12:47| Comment(2) | らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

シトロエン?おにぎり?顔に謎の文様出現

換毛中のうさぎさんたちが多いこの季節ですが
メルさんは(念入りにブラッシングしても)
ごっそり毛が抜けることもなく、
この冬は換毛とは無縁なんだなーと思っておりました。

(尤も、例の原因不明症状によりアゴの毛は
唾液でごっそり抜けちゃいましたが...)


そんなメルさん、顔だけ 部分的に換毛していたようで。


110212_citroen0.jpg

なんだかフシギな文様ができております〜ウサギ

らす´ 曰く 『シトロエンみたいでかっこいいグッド(上向き矢印)

え・・ひとつ足りないし


可愛らしいこの三角マークはそのうち
消えちゃうのかな?


110212_citroen1.jpg

お鼻の上におにぎりつくったね


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 23:12| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする