2010年11月09日

はーぜ?かにんひぇん?

小学生の頃からの長〜い趣味の影響もあって
ドイツやドイツ語とはお付き合いの深いワタクシ。

だからレストランに行くとフツーに
うさぎ肉の料理」がメニューに並んでいるのも
そんなに違和感なく受け止められていたし、
メルニコフさんをお迎えしてからも
うさぎを食べる向こうの食文化に
拒否反応を示すこともなかった。

その最大の理由は、


「まぁ、自分が去年のクリスマスに食べたのは

Hase(ハーゼ)であって、Kaninchen(カニンヒェン)

じゃないからねぇ」


という明確な区別があったから。


英語にも「Hare」と「Rabbit」があるように、ドイツ語にも
「うさぎ」を意味する単語は2つあるのです。

で。

ワタクシ、ずーーーーーーーっと

「Hase(ハーゼ)は野うさぎで食用。

Kaninchen(カニンヒェン)は飼いうさぎで、

食用ではない。」


って分類してたんですね。

だってだって、殆どの辞書にこの上ように
記されているんだもの。

ところがどっこいexclamation×2

この夏、友人と話していたときのこと。

らす「この前ね、Kaninchenをお迎えしたんだよ。
   Haseじゃないから取って食べたりしないでよね」


友人「は?Kaninchenだって食べるよ」

らす「ペットとして飼われるのがKaninchenでしょ?
   野生で食用なのがHaseでしょ?
   辞書にも載ってるよ」


友人「Kaninchenだって森をぴょんぴょん跳ねてるよ」

らす「?????」

友人「らす の分類はヘンだよ、違うよー」

らす「じゃあ、どこがどう違うの?正確な線引きは?」

友人「うーん・・・」

今度は友人の方が考え込んでしまった。

「今までなんとなく使い分けてて、
どうやって区別してるとか考えたことがない」そうだ。

こっちは今までの認識が覆された上に
Kaninchenも外を自由にぴょんぴょんしてる、
そしてKaninchenも食用になる、と言われて
自分がメルさんの仲間を食べてしまったことがあるかも・・・がく〜(落胆した顔)
なんて罪悪感に囚われ、タイムラグありありのショック。

(そもそもHaseであれKaninchenであれ、
「うさぎ」を食べたことに対する罪悪感てのは
なかったんか、自分よ・・・)


そんなわけで友人に「ココ調」よろしく
ドイツで聞き取り調査をしてもらった。

そして先日届いた結果。

「結局、いいかげんでなんとなく使い分けてるようだ」
という前置きに続き、以下、区別の仕方リスト。


(1) HaseはKaninchenより一般的に耳が長くて
  後ろ足が強い。

(2) Haseは野原で暮らして、Kaninchenは穴を掘って住む。

(3) Haseは一匹狼(一匹兎)なのに対し、Kaninchenは
  群れをなす(仲間同士仲良くやっていく)。

(4) 産まれたてのHaseは既に毛が生えていて
  目も開いているけれど、Kaninchenは無毛で産まれ、
  目も見えない。

以上。



ってことは、産まれたときは目が開いてなくて
今も自由時間に無我夢中でタオルなんかをホリホリする
本能がたまに見られるメルさんは
Kaninchenになるわけですな。
ふむふむ。


あれ?

あれれれれ?

やっぱり「どっちが食用でどっちが食用じゃない」って
区別はしないのねーたらーっ(汗)

やっぱり両方食用になるのねーたらーっ(汗)

(結局固執してたのはそこかい)

いや、
でも、
しかし。

己の記憶を遡るに、
レストランでは「Hase〜」と書かれてたものを
オーダーしてたし、ステイ先でも
お皿にのったお料理を「Hase」って
ママが説明してた・・・気が・・・する・・・。

とにかくとにかく。

今後一切HaseもKaninchenも口には入れません!

「食べちゃいたいほどかわいいなー」

って言葉もメルさんに言いません!

それにしてもだね、ドイツ人諸君。(英語圏諸君もか)

明確な区別方法は極めてゆる〜いのに

「HaseとKaninchenは全くもって別物。
日本人は両方に同じ単語を使うの?」

と仰天しないでくれたまえ。

トコロ変われば・・・ってヤツですかね。

日本人からすると、
タコ(Oktopus(オクトプス))のことを
イカ(Tintenfisch(ティンテンフィッシュ))と呼ぶ
ドイツ人たちの方がずっと不思議なんですけど。

いや、ドイツ人に言わせれば
「イカはタコでタコはイカなの!」(=区別ナシ)
ってことらしい。


101107_1.jpg

ロングポッキーならぬ
ロングアルファルファを
一気食いするのは
ハーゼ?
カニンヒェン?

(え?メルさんは地球外生命体だから
どっちにも分類されないって?!)

<追記>


おぉ。
タイムリーなことに先週土曜(11/6)の
「報道特集」にて食文化の違いを
取り上げていたよ。
韓国の犬食(補身湯(ポシンタン)←日本の夏バテ防止のうなぎと同じ位置づけ
は、ソウルの市場で見たとき
ワタクシもびっくりしたけれど
国内レベルでも賛否両論色々あるみたい。

自国の文化を基準にして他国の文化を
批判したり「野蛮」と罵ったりする危険性と
他方、国際化が進む中で
グローバルスタンダードに合わせてゆく必要性。

難しいですね。ほんとに。

イルカ問題然り・・・ですね。

ああ、なんだか話が飛びまくり〜
あせあせ(飛び散る汗)


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 00:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

うさぎ専門和菓子店

晴れ今日(もう昨日か・・)は秋晴れの日曜日晴れ

らす´と一緒に六義園へのサイクリングがてら、
駒込の『こうさぎ』さんに遊びに行ってみました。

101107_kousagi1.jpg

ここは知る人ぞ知る、うさぎモチーフの和菓子屋さん。

あんなものもこんなものもぜーんぶ
ウサギうさぎウサギ になっちゃってるんです。

季節ごとに限定商品が店頭に並び、
お口よりもまず目で思いっきり愉しませてくれるお店。

らすズは日頃 和菓子党ではないものの、
メルさんをお迎えしてからは
どうしてもこのお店が気になり
(だって一歩足を踏み入れるとそこはうさぎの楽園)
たまにチャリチャリ〜ッと覗きにいきます。

101107_kousagi2.jpg

お店の入り口でうさぎさんがお出迎え。


101107_kousagi3.jpg

ウィンドウもすっかり秋仕様。

そしてあれこれ迷った末

101107_kousagi4.jpg

うさぎ最中とうさぎ饅頭をお買い上げ¥

最中は全部で5種類あって
それぞれ違うカラーの
可愛いうさぎのフォルムなんです。

ナイトキャップの友にするには
ちょっとミスマッチな気もするけど
秋の夜長夜には
たまにはこんな和菓子な気分もあってよいでしょうバー

いっただっきまーするんるん


101107_kousagi5.jpg

「める にはなんかないの?
おトイレでおしっこも頑張ってるしー 
それに これからが める の活動時間帯なのにさ・・」


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 00:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

「頭上り隊」隊員証到着!

わーい(嬉しい顔)わ〜〜〜〜〜っexclamation×2わーい(嬉しい顔)

101107_01.jpg

届きましたよーっ!!(大声で叫びたい)

頭上り隊」の隊員証!

メルさん、見て見てー!

101107_02.jpg

やんママさん、本当にありがとうございますウサギ

画像をいただいたときも感動でしたが
こうして三次元のものを手に取ると
アナログな温かさと仲間(同志)意識が
じわ〜んと伝わってきて
感激ひとしおです。

101107_03.jpg

早速アタマが上がって
やる気まんまん、志十分のメルさんです。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 00:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

ついに反抗期?その2

それは
朝のラッシュという戦闘に備えて
バタバタと家を出ようとしていた昨日の早朝に
突然起きた。

ごはんの前にじっと身構え
ケージの中で後ずさりする
メルニコフさんを見て

「今朝は抱っこの練習やめとこっか」

と、ごはんをすぐに差し上げ、
完食したのを見届けて
「今朝もたくさん食べたねー」
と話しかけた瞬間だった。

木製ハウス家に入り込んだメルさんが
信じがたい音を立てたのだ。

じょおぉぉぉぉ〜〜〜〜っ

え?

なに?

今の音、

なにexclamation&question

通勤バッグを片手に
木製ハウス家を見遣ると

そこは・・・

雨大洪水雨

ハウス家を急いで持ち上げると
大量の(朝イチの濃い)おしっこが
滴ってくる。

ポカンと見上げるメルさんの顔にも
おしっこの滴が引っ掛かってる。

「メルーーー爆弾

タオルで顔を拭いてやりながらも
ワタクシは叱責と落胆の声を
メルさんにぶちまける。



「せっかくトイレが上手にできるようになったよって、
ブログで紹介したのに!」



「どうしてケージの中でこんなことしちゃうの!」


「抱っこに続く反抗なの?!」

ハウス洗いと天日干しをらす´(昨日はたまたま遅出だった)にお願いし、
悶々とした気持ちを抱えて満員電車へ。

バッド(下向き矢印)あー・・・朝からなんだよ一体・・・バッド(下向き矢印)

吊り革に必死につかまりながら
ワタクシはこころの中で呟いた。

(ケージにハウスがないからって、
昼間のトイレはちゃんと失敗せずに
やってくれよ、メルさん・・)


そして帰宅ラボ出勤。

まずはトイレチェック。

ぎゃ・・・

トイレ使用痕跡がない・・


ケージ下のトレイとペットシーツが
ぐっちょぐちょのべっちょべちょ雨

メルさんを有無をいわさず
強く抱っこし、
額と額を合わせて
目と目を合わせて


「どうしてトイレでおしっこしないの?!
メルはちゃんとできるでしょ?!
今まで上手にできてたでしょ?!」


と凄い剣幕でドスの利いた声を浴びせる。

そして、エキサイトしたワタクシは

「じゃあわかったよ。
メルはこっちでおトイレしたいんでしょう。
それならハウスとトイレ入れ替えるよ」


すっかり乾いたハウス家とトイレの
場所を替えてみた。

101106__1.jpg

メルさんの反応。

ハウスに出たり入ったり上ったり。
トイレのにおいを嗅ぎまわったり。
ケージの中でバタバタ走りまわったり。

明らかに動揺している。

「だってさ、メル、しょうがないじゃん。
違うとこでおしっこしちゃうんだもん」

そう言い放つ自分の声を聞きながら、
ワタクシはある言葉を思い出した。

先輩うさ飼いさんが以前おっしゃっていた言葉。

『ウチの子、6ヶ月位のときに突然ケージの

あちこちでおしっこするようになっちゃって、

トイレ増設しようかと思っていたけど、

そのとき、

“そういうのはよくあること。2週間でなくなるから”

ってアドバイスをもらって、

2週間根気強くおしっこの始末してたら

本当に2週間ピッタリでなくなったの』


そうかそうかそうか・・

そういう時期があるってことか。
そういう時期を一緒に乗り越えないといけないのか。
目先の楽さだけを考えて
早計すぎちゃいけないのか。

先輩の言葉を思い出したワタクシ、
急いでハウスとトイレの位置を元通りに。

101106__2.jpg

メルさんの反応。

ハウスとトイレを数回往復。
そしてべちゃーっと
床上でリラックスポーズ。

ウサギうさぎの言葉ウサギ
ちょっとだけ聴こえてきたような気がした。

そしてメルさんに話しかけると
ちゃんと耳をこちらに向けてくれた。

「メル、この配置がいいんだね。
今までどおりが好きなんだね。

今日、何度もトイレ失敗したのは
メルの成長にとってきっと必要なことなんだね。

ちゃんとトイレしようと思って失敗したんじゃないんだね。
失敗させないといけないことだったから、
メル的にはきっと成功したバンザイなことだったんだね。」

・・・なんか、話しかけてるうちに
自分でもパラドックスにハマって
ワケわからなくなっちゃったけど顔(なに〜)
メルさんにはちょっと気持ちが伝わったようだった。

というのも。

自由時間のサークルの中で
自然に「抱っこ練習」ができたから。

おなかに手をまわしても
嫌がらずに、抱っこをさせてくれたから。

しかも、

「メル、今朝から色々怒鳴ったりしてごめんね。
メルのことが大事で大好きだからねハートたち(複数ハート)

と顔をメルさんに近づけると・・

ワタクシの顔をペロペロなめ始めて
ずっと離れようとしなかった。

顔(泣)顔(泣)顔(泣)顔(泣)

メルさん、ありがとう。

ちょっとこっちも頑張ってみる。

トイレの失敗(メル的成功?)は
2週間を目処に様子を見てみる。

ロングスパンでいくよGood


明けて本日。
土曜日の朝。

恐る恐るケージを見ると

トイレのウッドリターがもこもこだった!

メルさん、ちゃんとトイレでおしっこできていたのです。

101106__3.jpg

「2週間」を覚悟していたので
ちょっと力抜けもしたけれど
もしかしたら(しなくても)
これからも今回と同じことが
あるかもしれない。

行動ひとつひとつに理由がある。
メッセージがある。

「ああ、学んだなあー」

と、もぐたんのお墓参りに行ったら

こんな言葉をもぐたんがくれた。

(プログラミングされている言葉が
ランダムに毎日表示されるだけなんだけど、
不思議とそのときの気持ちにマッチした言葉が
もらえるの)


「人に愛されるには、

まずあなたが愛することが大切だよ」


もぐたん、了解です。

虹の橋のたもとで、
まだまだヘタレな飼い主を
ずっとこれからも見守っていてね。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 14:17| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ついに反抗期?

お迎えしてからずーっと続けている
『ごはん前の抱っこ』。

1日2回、毎日毎日当たり前のように
ワタクシはメルさんを抱っこし、
メルさんはワタクシに抱っこされてきました。

しかーし!

ここ2週間ほど、変化が現れてきています。

以前は

ウサギ「ごはんだよ」と声を掛けるだけで
ケージ扉の前にスタンバって
なされるがままに抱っこウサギ


ここ最近は

「ごはんだよ」と声を掛けると
ケージの中で身構え
ワタクシの手がケージに入っていくと
ずりずりと後ずさり
(身構えたまま仕方なく抱っこという感じ)


そして一昨日と昨日と今日は

ついに・・・たらーっ(汗)

お腹にまわろうとする手を歯で攻撃どんっ(衝撃)

いわゆる甘噛みというやつでしょうか。

お腹に手をまわそうとすると
てのひらに飛びつく形で
かぷっと噛んでくるんです。

「おとなしいメルさんが
そこまでいやがるんなら・・・バッド(下向き矢印)

と諦めかけたりしたのですが

「一度そういうことをすると
噛めば自分の主張が許されると学習させてしまう」


と飼育書に書かれていたのを思い出し、

「ほら、ごはんだよー。
抱っこ上手にできたらごはんだよー」

と、ペレットを見せて
ちょっと根競べ。

するとメルさんの方が根負けして
ワタクシが手を入れても噛みつかなくなり
プイと横を向きます。

「もう、好きにすれば顔(チラッ)

と覚悟を決めたかのように
横向いて立ってます。

そのタイミングで

グッド(上向き矢印)ひょいグッド(上向き矢印)

とメルさんを抱っこ。

そんな流れが3日間続いています。

一度抱っこされてしまうと
本当におとなしく、
ケージに返してもらうまで
しっかり体を預けてくれるメルさんですが、

一番の愉しみであるるんるんごはんるんるんの前に
ここまでストレス与えて
ギリギリまでガマンさせて
精一杯の抵抗(主張?)を押さえつけて
よいのだろうかふらふら

抱っこされたくなくて噛んでくる
メルさんの必死な眼を正視するのが
もはや辛いヘタレらすです。

ごはんの後のサークル自由時間では
「あそぼー!あそぼー!ウサギ
と健気にワタクシを追いかけてくる
メルさんであるだけ余計にツライ。
素直にナデナデされている
メルさんであるだけ余計にツライ。

メルさんもついに小さな反抗期かな。

というか、
おとなしすぎていい子すぎだった不思議な子が
ウサギとしての本能に気づいてきたのかな。

そしてワタクシは
いやがるメルさんをごはんおあずけにしたまま
抱っこに執着していていいのかな。

そもそも抱っこを続けた理由は

主従関係を確かなものにするため

ってことも

いざというとき(病気のとき)すぐに
キャリーに入れられるようにするため


ってこともあったけど、

一番の目的は

抱っこのときにお腹の張り具合を
触って確認するため


だったんだよね。

それも前回の病院で一段落したんだよね・・・メルさん。
「お腹の張りはだいぶよくなりましたね」
って先生に言われたんだもんね・・・メルさん。

メルにはそれが判ったの?
だから抱っこに反抗するようになったの?

うーーーーん

新米ダメダメ研究生は
何が一番いいのか
模索していくことになりそうだよ。

101105_1.jpg

101105_2.jpg

101105_3.jpg

以上3つとも昨晩の写真。

こうなるまでの駆け引きの時間は
我々に必要なんだろか。ね。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 00:03| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

ハゲ部分再生順調也

9月のエントリにもあるように
メルニコフさんの後ろ足の甲には
おっきなハゲがありました(あります)。

101104_1.jpg

バッド(下向き矢印)両足にハゲバッド(下向き矢印)

Dr.たちは

『おしっこ等で汚れた部分を
むしってしまっただけなので
特にお薬出しません』

とおっしゃったけど、

毎日毎日
鶏ガラのようなその足を見せられる
こちらのほうが心苦しくなります。

そこで勝手に処方(?)しているのがコレ。

トーラスさんの被毛剤。

(クチコミレビューで
「このおかげかわかりませんが
ハゲていた部分に毛が生えてきた」
というワンちゃん犬(笑)
コメントがあったので・・←ウサギじゃないのかよっ



101104_2.jpg

まだハゲは残っているけど
2ヶ月間でかなり良くなりました。

毎日のスリッカーブラッシングの際、
まずは全身にシュッシュッと拭きかけ
全身ブラッシングの後、
後ろ足のハゲ部分にすりこみます。

101104_3.jpg

左足にスリスリ

101104_4.jpg

右足にもスリスリ

101104_5.jpg

まあ、ほんとに
この被毛剤との因果関係は判りませんが、
結果良ければすべて良し!ってことで。

このまま目指そう
もっとふわふわ計画Good


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 00:00| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

休日昼間は楽し

今日は晴れの特異日、文化の日。

さわやかな秋空の下、らすズは・・・

ここぞとばかりにメルさんとお家にひきこもり家

メルさんも休日の雰囲気が判るのか、
朝ごはんが終わると
ケージをガジガジして
『今日は昼間に出してもらえるんでしょ』
とアピールウサギ

ええ、ええ、もちろん。
はい、どうぞ。

しばらく一緒にサークルで遊ぼうね。

101103_1.jpg

メルさんの指先ぺろぺろを合図に
イチャイチャタイムのスタートムード

101103_2.jpg

お礼にワタクシもペロペロ・・・
したいところだけど
指先なでなでこちょこちょ

101103_3.jpg

だんだんメルさんの目が
うっとり遠い目になっていきます。

101103_4.jpg

すかさず耳ツボ攻撃〜ハートたち(複数ハート)

休日はもう一人のスタッフ、らす´(らすだっしゅ)
サークルに入って
3人で遊んだりもします。
(狭い空間で何やってんだか・・・たらーっ(汗)

らすズがサークルを後にすると
メルさん、最近トロのお世話がマイブームのようで
ちょっかい出すだけじゃなくて
毛づくろいしたり、こんなことしたり・・・

101103_5.jpg


101103_6.jpg

気分はすっかりお友達かい?


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 13:34| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

熱い視線を注がれるワタクシはまずお湯を注ぐ

仕事がちょっと長引いて
遅めの帰宅ラボ出勤。

メルニコフさんがケージでポツンと
暗がりの中待っています。

ごめんごめんごめん!!
チクチク痛む心を重たくさせながら
ワタクシは急いでメルさんのごはんの準備。

ごはんにがっつくメルさんに話しかけながら
ケージとトイレの簡易掃除。

掃除が終わる頃、メルさんはペレット+牧草葉っぱプレート完食。

ワタクシは急いでサークルの準備。

サークルと遊び道具の用意が整ったのを見て
メルさんはウッドステップにて
ひらりとサークルに舞い降り、

ぴょんぴょんぴょーん

ダダダダダッ

嬉しそうに飛び跳ねたり走り回ったり。

そんなメルさんを
ワタクシはどこでなにをして
鑑賞しているのかというと・・

101101_1.jpg

サークルの外から見守っております。
えぇ、ワタクシも夕ごはんにがっつきながら。

料理というコトバには無縁のワタクシ、
カップ麺とカ○リーメイトが大親友という
荒んだ食生活たらーっ(汗)

しかしその食無頓着のおかげで
夕ごはんはMAX 10分で済みます。

その10分すら惜しい今日この頃。

だってだって・・

101101_2.jpg

ひとしきり遊んだメルさんが
こうして熱〜い視線を送ってくるのですものハートたち(複数ハート)

『遊ぼー!』サインを送りながらも
満腹+運動直後の眠気に勝てず
だんだん耳がパタンと倒れてくるメルさん。

「待っててね、すぐだからね」

こちらも焦ってラーメンをすすります。

101101_3.jpg

ああ〜たらーっ(汗)
待ちきれずにずりずりと「寝」眠い(睡眠)の姿勢に・・

こんなとき
名前を呼ぶと

101101_4.jpg

こんな風に
反応するようになりました(嬉!)

カップ麺のゴミ処理もそこそこ、
サークルに入ったワタクシの足にまとわりつく
メルさんとの時間が
1日の心身の疲れを流しほぐしてくれます。

幸せ・・ぴかぴか(新しい)

メルさんと 1分1秒が 宝物(字余り)

平日夜のココロの俳句でした。


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

ニックネーム らぼすたっふ at 13:40| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする