2010年08月27日

右耳だけロップちゃん

メルニコフさんが
我がラボにやってきたときからの特徴。

『右耳だけロップイヤー』

メルニコフさんの血筋を辿ると
ネザーちゃんは系譜にあるけれど
ロップちゃんとは無縁。(のはず)

100827_1.jpg
食べてるときも

100827_2.jpg
寝てるときも

なんちゃって方耳ロップちゃんな
メルニコフさん。
(特に自然体でリラックスしてるときは100%の確率)

そーっと近くに寄ってみましょう

100827_3.jpg
ほらね、やっぱり右だけロップちゃん

(お腹のウンチ汚れはお医者さんでないと落とせないなぁ。
来月初めてのうさぎクリニックに連れていきます。
お迎え後1ヶ月の健康診断しなきゃね。)

ニックネーム らぼすたっふ at 21:35| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

朝に強い!朝元気!

ウサギ抱っこのことウサギ
昨晩と今朝、メルと抱っこの練習(30秒ずつ)
をしましたが、自分からケージに戻るようなことなく
背中をおとなしくナデナデさせてくれました。
途中、わたくしの顔を見上げるシーンもあって
なんだか感激・・
ソワソワし始めたらすぐケージに戻しましたが
この「抱っこ練習」が毎日ずっと続いて
抱っこ慣れしてくれたらいいな。


さてさて、
メルニコフさんの朝の強さには脱帽です。

わたくしが寝室からリビング(←彼女はここで暮らしている)
に寝ボケ顔で「おはよ〜メル」と声を掛けながら
ケージを覗くと、もうすっかりスタンバッて
(まるでワンちゃんの「待て」のような姿勢で)
朝食をお待ちでいらっしゃいます。

こちらがペレットや牧草やお水の準備をしている間
その匂いが更に彼女を嬉しくするのか、
「待て」の姿勢を次第に崩して、
ケージ内でぴょんぴょんと跳ね回って
ごはんの喜びを身体で表してくれます。
(この「ごはんだピョーン!」が
すっごく可愛いのだ!!)

100825_2.jpg
ごはんのにおいがする〜

(メルは自分からケージに戻ることはできますが
ケージから外に出ることはできません。
ごはんの前は必ずこんな姿になります。)
※危ないのでずっとこのままにはさせませんよ。
アルファルファ用のお皿を取り上げたら
すぐに扉を閉めちゃいます。


100825_3.jpg
やっとごはんなの

100825_4.jpg
あんなにあったのにあとちょっと

100825_5.jpg
あーあ、なくなっちゃった

メルニコフさん、毎日ペレット一気食いです。
お皿が空になると「あー満腹」のお姿になり
床にべちゃーっと、そしてごろーっとリラックス。

その後2時間、わたくしが出勤するまで
お水を飲んだりアルファルファを食べたり
そしてまた寝たり・・の小刻みな
(落ち着きない?)リズムが続きます。

そしてね、昨晩
研究員ゆ が、「メルちゃん、昼間ひとりで退屈でしょ」
とおもちゃを作ってくれました。

100825_1.jpg

でもメルニコフさん、今のところ
見向きもしません・・。

たまに身体に当たると

「なんじゃこれ?ジャマだな」

みたいに見上げはしますが・・あせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム らぼすたっふ at 07:57| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

自己主張悲喜交々

着任当初は借りてきた猫、
もとい、うさぎのようだった
メルニコフさん。

1週間のときを経て、ケージ内が完全に
自分のテリトリーであることを学習し、
加えて、嫌がらなかった「抱っこ」に
拒否反応を示すようになってしまいました。

もともと被捕食動物であるうさぎは
抱っこがキライな子が多いのですが、
小さい頃から抱っこに慣れさせておかないと
通院や投薬の際に(人間側もうさ側も)
苦労することになるので、どんなに短い時間でも
毎日「抱っこタイム」をとりましょう・・

・・と飼育書には書かれてます。

メルニコフさんが抱っこ嫌いになった理由は、
上記の「環境に慣れてきて、もともとの生態が
姿を現した」というのもあるのですが、
着任早々2日続けて抱っこ→仰向けにしてお腹と尻尾周りの
濡れタオル攻め(ウンチと毛が塊を作っていて、
拭いても拭いてもなかなか取れないんですけどね)

を繰り返してしまったので、

『抱っこ=仰向けで不快なことをされる』

と刷り込まれてしまったのかもしれません。

濡れタオル攻めはその2日間で止めましたが、
抱っこしようとすると途端にピョンピョン逃げます。

隙を見計らって抱っこに成功しても、人間の膝の上で
落ち着きなく周囲をキョロキョロ見回し、
ケージが視界に入るや否や、ぴょーん!と
ケージにジャンプして帰ってしまうのです。

ナデナデしても全く効果ナシ。

哀しいー。

おまけに、「ケージはめるの縄張りなの!」とでも
訴えるかのごとく、ケージに手を入れると
鼻でツンツン手の甲を押してきます。

「出ていってよー」

と言ってるんですね。

哀しいー。

いやでもしかし、これってある意味ちゃんとした
意思疎通ができているってことだから、
まあ喜んでいいんではないでしょうか。
(と自分を慰めてみたり。)

ごはんのときは
目の色を変えて

「ちょうだい!ちょうだい!」

とこちらに寄ってくるメルニコフさん。

その現金さがまた可愛くて憎めなくて
結局「かわいげのないヤツだな・・いや、
やっぱりかわいいヤツだなー!」
で締め括られるんですが顔(メロメロ)

100824_01.jpg
満腹になるとこんなお顔。

「ごはんくれるのはあたりまえでしょっ
 めるはだっこなんてされたくないのっ」

ニックネーム らぼすたっふ at 11:42| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ゴクゴク

100823_1.jpg
お水のもうかな どうしようかな

100823_2.jpg
のもうっと わーい おいしいー

100823_3.jpg
めちゃくちゃおいしいー とまらなーい

ニックネーム らぼすたっふ at 21:41| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

発表!♂ ♀ 判明の日

メルニコフさんの身体(特にしっぽ周辺とお腹周り)が
汚れていたので、仰向けにしていざタオルで拭こうとした瞬間・・

この前はどうやっても見えなかった 問題の部分 が
はっきりと見えました。

ラボスタッフ2人とも肉眼で確認したので
99%確実かと。

メルニコフさんは

女の子でいらっしゃました〜!

ふふふ。
なんか性別が判ると嬉しいものですねー。

「メルは女の子だったんだね」

と声をかけると、まるでコトバを理解したかのように
こんなことをしてましたよ。

100821_01.jpg
カチューシャでおしゃれするの

(※人間はなんの手も加えてませんよっ)

ニックネーム らぼすたっふ at 15:26| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

美人?美男子?

おめめパッチリ、睫毛バサバサくるりん、デカ目。

ルックス良すぎです、メルニコフさん。

100819_nacht_1.jpg
アルファルファに夢中なのだ

しかし未だ性別がわからんのですな。
抱っこのときに必死に見ようとするのだけど
ちっちゃい部分に縦線が入ってるか先が丸いかなんて
未熟なラボスタッフには全然見分けつきませんよ・・。

ニックネーム らぼすたっふ at 21:32| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足のび〜っ

100819_nacht_2.jpg
ケージの隅まで足を投げ出してZzz...
無防備なメルニコフさん。

100819_nacht_3.jpg
全体像。りらっくす〜。
うさぎは目を開けたまま眠るという
凄いワザを持っていることを
本日飼育書で知りましたよ。

ニックネーム らぼすたっふ at 21:26| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立っちとなでなで

着任間もないメルニコフさんは
まだケージの外へは自由に出してもらえません。
お迎え後1ヶ月は
「ケージから出すのは抱っこの時だけに制限」が
我がラボの方針です。
(↑飼育書の受け売り)

抱っこがものすごく好きなわけではないと
思うのですが、「メル、外で抱っこタイムだよ」
と声を掛けると、なにやら興奮したお姿を
見せます。
昨晩は見事な立ち姿でありました。

100819_03.jpg
なになに?外に出るの?

100819_02.jpg
抱っこ前のなでなで。
(メルニコフさんは全く抗わず
為されるままですが、気持ちよいのか
どうかはナゾです。)

ニックネーム らぼすたっふ at 14:19| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たなテリトリー

着任初日から、ケージの中は
自分の安住の場だと学習した
メルニコフさんでしたが、
唯一ケージの中で『これなにものだよ?』
と怪訝そうに警戒していたのが・・

木製のハウス。

ちょろっと入ってみては中の匂いを嗅ぎ、
『ここはメルの居場所じゃないっ』と言うかの如く
不快な表情とともにすぐに出てきてしまっていました。

ところが!

昨晩、ハウスを使った面白い遊びを
考案したメルニコフさん。

水のみ→ハウスに飛び(跳び)込む
→ハウスから飛び(跳び)出る→水のみ
→ハウスに飛び(跳び)込む(以下略)・・

を繰り返しているんです。

そのうち、ハウスが自分のものだと認識したようで、
更に、中は結構気持ちがいいもんだと感じたようで
初めてハウスで長時間寛いでいらっしゃいました。

日々成長のメルニコフさんです。

100819_01.jpg
ここはメルのおうち〜

ニックネーム らぼすたっふ at 14:11| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

たったの3日間で凄い成長

相変わらずお水をよく飲むメルニコフさん。
ちょうど24hでこれだけ減りました。

100817_bottle.jpg

元親さんのところでは
ウォーターボトルは全く使わなかったとの
ことなので、元親さんもこの事実に衝撃を受けて
いらっしゃいます。
メルさん、学習能力&適応能力に秀でているー!

秀でた2番目はおトイレ。
これも元親さんのところでは
マスターしていなかったのに、なんと
おしっこはしっかりトイレでできるように
なりましたよ。

100817_toilette.jpg
ほらね、ウッドリターが膨れまくり

100817_auf_der_toilette.jpg
↑この写真は器に盛られたアルファルファを
食べるためにトイレにのっかっている図です。
実際のおしっこはもっと後ろに下がって
トイレの角にお尻をくっつけ、横向きになって
シャーッとしています。
(おしっこ中の写真を撮ろうとしたら
シャッター音にびっくりされてしまいました・・
ごめんね、メル。
人間ですら周囲に警戒して神経尖らせるのにね。
反省しています。)


メルニコフさん、今日は
「1日中(昼間)お留守番」デビューです。

毎日毎日こころもからだも成長していますよー。

ニックネーム らぼすたっふ at 18:30| らす (研究員E) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする